出典 lifemedicさんがアップロード

『ドクターコウノの認知症ブログ』における信用毀損事件時系列データ②

『私がグロービア社を指定する理由』
(語りたくない別の理由)
グロービア社への出資
息子をグロービア社に雇用させている
グロービア社内にコウノメソッド他複数の団体事務局を設置

【河野自らが語るコウノメソッドの目的】
『「フェルガード」という名前自体をブランド化』
『コウノメソッドは商品名、用量の具体的記載を生命線としています』

販売ルートがドクター系に限られている現時点に於いて、フェルガードは実質的支配下にあるという認識での発言。(宣伝+販売)

よって、通常では理解しがたい『医師が犯罪に手を染めてまで・・・』も『医師の資格を持った健康食品屋が・・・』と思えば、 合点がいく。

この情報が含まれているまとめはこちら

【完全保存版】有名認知症医の犯罪 コウノメソッド提唱者 河野和彦による信用毀損事件

【事件概要】河野は自身が執筆する「ドクターコウノの認知症ブログ」に於いて、自身が販売に携わる健康食品の競合3商品にリンクを張り、健康被害を起こす等、虚偽の風説を流布し、各社各商品の信用を毀損したものである。(刑法第233条)

このまとめを見る