広告塔としては使えるセンセーなんですが、とにかく、銭金に細かいんですよ。
代理店が安く売るから自分のところから(フェルガードを)買わなくなった。
自分のクリニックだけで売れる専売商品を作れって・・・
大して売らないクセに専売商品作らされて、ロスが多いんですよ。
あと、配当の問題もありますから、フェルガードの卸価格を下げる事が出来ないんです。
息子を雇い入れろとか、人一倍プライドが高く、出資を受けているので従っていますが・・・

※フェルガード100並びにNewフェルガードが代理店経由で流通していた2013年当時の証言。

本人の知らぬところで、守銭奴呼ばわりされてるとは情けないやら、悲しいやら。
なんでも、当初は販売個数を問わず、製造した商品全てに対して「歩(ぶ)を寄こせ」と
爪を伸ばしてきたらしいが、それはさすがに払えないと断り、販売数のみを対象とした。
しかし、代理店勢の前に販売数が振るわず、前出の専売商品を作れに繋がる。

なんと、いじましい。
涙無しには語れないお金儲けに積極的な本音丸出しなエピソードでした。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【完全保存版】有名認知症医の犯罪 コウノメソッド提唱者 河野和彦による信用毀損事件

【事件概要】河野は自身が執筆する「ドクターコウノの認知症ブログ」に於いて、自身が販売に携わる健康食品の競合3商品にリンクを張り、健康被害を起こす等、虚偽の風説を流布し、各社各商品の信用を毀損したものである。(刑法第233条)

このまとめを見る