1. まとめトップ

【これはひどい】地雷が多い国ランキング

皆さんは、地雷を知っていますか?地雷は踏むと爆発して人々にとてつもない被害を与えます。地雷をなくすために世界各地で地雷除去をしている人たちがいます。ここでは地雷が多い国のランキングを取り上げたいと思います。

更新日: 2016年09月04日

1 お気に入り 72696 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

economylifeさん

地雷とは?

地雷(じらい、英: land mine)は、地上または地中に設置され、人や車両の接近や接触によって爆発して危害を加える兵器。

地雷は人々に危害を与えます。

出典i.gzn.jp

地雷は踏むと爆発します。

戦乱のあった地域では、一旦地雷が埋設されると残存し、戦争終結後も一般市民への事故(傷害事故だけではなく死亡事故も多い)が後をたたない。世界では正確な数は不明だが、いまだに「7000万個とも1億個とも言われる対人地雷が埋設」[3]されていると考えられている。

地雷は多くの紛争地帯にいまだに埋められています。

地雷の除去には危険がともないます。

地雷の除去は危険が伴います。

地雷を除去する機械のセンサーに反応して爆発する最新の地雷もあるからです。

地雷を除去するための機械です。

地雷を機械によって爆発させるため人間が手作業でやるのより安全です。

地雷は紛争地帯に多くあります。

ここでは地雷が多く埋められている国をランキング形式で取り上げます。

第5位 中華人民共和国 1000万個

中国は1970年代から1990年代にかけてベトナムの国境近くに多くの地雷を埋めたことが原因です。

中国は大きな経済成長を遂げています。

中越戦争(ちゅうえつせんそう、越:Chiến tranh biên giới Việt-Trung/戰爭邊界越-中?、英語: Sino-Vietnamese War)は、中華人民共和国とベトナム社会主義共和国の間で1979年に行われた戦争。

中越戦争は社会主義国同士の戦争になりました。

中越戦争では多くの人が亡くなりました。

両軍合わせて6万人もの死傷者を出したといわれています。

第5位 アフガニスタン 1000万個

アフガニスタンは内戦の多い地域です。

アフガニスタンではソ連のアフガニスタン侵攻の際に多くの地雷が埋められました。

他の紛争などによっても地雷が多く埋められました。

ソ連では1万4000人もの死者をだし、アフガニスタンではソ連の倍の死者を出すなど戦争は泥沼化しました。

ソ連が1979年にアフガニスタンに侵攻しました。

アフガニスタン紛争(1978年 - 1989年)では、アフガニスタンで断続的に発生している紛争のうち、1978年に成立したアフガニスタン人民民主党政権に対するムジャーヒディーンの蜂起から、1979年にソビエト連邦が軍事介入を行い、1989年に撤退するまでの期間を扱う。

アフガニスタンにソ連が進行したことで始まりました。

第3位 アンゴラ 1500万個

アンゴラでは内戦によりたくさんの地雷が埋められました。

アンゴラはアフリカ大陸の南の位置にあります。

アンゴラ内戦(アンゴラないせん)は、アフリカのアンゴラで1975年から2002年まで続いた内戦。ソビエト連邦、キューバ、SWAPOの支援を受けたMPLAと、アメリカ、南アフリカ、ザイールの支援を受けたUNITA、FNLAによる内戦で、典型的な米ソ代理戦争である。

アンゴラでも米ソの代理戦争がありました。

内戦による死者が360万人になるなど多数の死者がでました。

今でも多くの人が地雷で亡くなっています。

第2位 イラン 1600万個

イラン・イラク戦争(アラビア語: حرب الخليج الأولى‎(第一次湾岸戦争)、英語: Iran-Iraq War) とは、1980年から1988年にかけてイラン・イスラム共和国(イラン)とイラク共和国(イラク)との間で行われた戦争の名称である。

フセイン政権によってイラクがイランに侵攻しました。

地雷によって住民が犠牲になっています。

第1位 エジプト 2300万個

エジプトは第二次世界大戦時のときに西側諸国がたくさん地雷を埋めたことや、1967年から1973年までの第三次中東戦争のときに多くの地雷を埋めたことが原因です。

1 2