1. まとめトップ

急増中!ぼっちなアラサー・アラフォー

子供の頃には社交的で友達が多かったという人でも、年齢とともにライフスタイルが変わったりして、気づいたら家族以外の友達がゼロだった、なんてことは珍しくなくなってきています。このままじゃ老後も独りぼっちなのかな、なんて考えてしまうアラサー・アラフォーについてまとめてみました。

更新日: 2016年01月12日

1 お気に入り 19717 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Happycheeseさん

大人になると見つけるのが難しい「友達

「友達がいない」と言っても様々なケースがあります。
自分の人生を充実させるため人間関係に過剰に時間を奪われるのが嫌で人脈を整理していたら、いつの間にか1人で過ごす時間が多くなった、という場合もあるでしょうし、

友達が欲しくてしょうがない、飲み会に誘ってもらいたくてしょうがない、なのに周囲から嫌われて泣く泣く孤立しているという場合もある。

その理由はいろいろ

週末は家族サービス。僕には選択権がありません。嫁と子どもが田舎に帰省するときしか友だちと遊べません

やはり羽生市(-イオンモール羽生)の範囲内で探したいのですね。ということで、羽生には全く友達がいない私でありますから、いったい何をどうすれば、在宅勤務者が、今の時代、友人を作れるのか甚だ疑問ですが、とにかく雑魚な私は羽生市に詳しい友人がいない! 従って、とあるBBAにきいたのです

どーして大人になると友達ができにくいのか?

。10代や20代前半の頃、永遠の親友をつくるためにやっていたことはいつの間にか封印され、状況によって「そこそこの友人」で観念する年齢になったのです。

歳を重ねるにつれて、より少ない人々とつきあう傾向にあり、すでに友達となっている人とは、より親密度が高まる傾向にあることが明らかになりました。

幼稚園の入園から大学の卒業まで、友達づくりは社会的・個人的成長の重要な一部であり、選択の余地はないといっても過言ではありません。

しかし、実社会で生きる大人として何年も過ごすと、仲間同士の束縛につきあう方法や、自分自身をよりよく知るために、新しい友達をつくる必要はありません。

ニート主婦は平日にご近所にニート的生活を営んでいるのを見咎められるのを極端に嫌い、平日は外出を極力控える。その一方、土日祝日には活動的になる。

1 2