1. まとめトップ

衝撃の真実!キリスト壁画を修復した”アノおばあさん”の今がスゴイ!

スペインに住むおばあさんの善意が、全世界を仰天させたニュースをみなさんは覚えていますか?2012年8月キリストの壁画を修復したおばあさんの今がスゴイ!!

更新日: 2016年01月12日

16 お気に入り 548360 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

壁画にまつわる意外な事実や、騒動が発端で巻き起こった驚きの事態が明らかに!

▼2012年8月スペインの教会で”キリスト壁画”が修復された事件

2012年8月 スペインの教会で“史上最悪の修復劇”と呼ばれ、世界中でセンセーショナルなニュースとして報道されたキリストの壁画修復。

あれは2012年の8月でした。スペインの田舎に住む一人のおばあさんの善意が、スペインはもちろんのこと、全世界を仰天させたニュースをみなさんは覚えていますか?

スペインのSanctuary of Mercy Churchという教会には、画家Elias Garcia Martinezが約100年以上前に描いた「Ecce Homo」というイエス・キリストのフレスコ壁画があった。

▼その壁画は湿気のせいでボロボロに崩れはじめていた…

セシリア・ヒメネスさんは、スペイン北東部ボルハの教会の柱に100年ほど前に描かれたキリストのフレスコ画「Ecce Homo」の修復を手掛けた。

▼修復したキリストの壁画がとんでもないと世界中で話題に!

ヒメネスが善意で“修復”した結果、「クレヨンで描いた、病衣を着た毛むくじゃらの猿」に変貌。「絵画を台無しにした」と苦情が殺到したのだ。

あまりにひどい仕上がりに修復後のキリスト画像はすぐさまインターネットで世界中に広まり、嘲笑や非難の対象となった。

イエス・キリストの肖像画をまるでサルのように「修復」して世界中から失笑を買った

おばあさんは「史上最悪の修復」「歴史的な絵を台無しにした」と世界中から叩かれてしまい、一時は寝込んでしまったのだそうです。

▼ボルハ市も教会も修復している事実を知っていた!

「私たちは、この教会のすべてを自分たちの手で修復してきたの。神父さまにお願いされてやったことだわ。許可を得ないでどうやってそんなことができるの?」

▼報道により世界中で話題になったことで観光客が殺到!!

芸術的災難に見舞われた作品とともに写真に収まろうという観光客が同教会を訪れた。

「世界最悪の絵画修復」と揶揄された作品を一目みようと人口わずか5000人の小さな町に、13万人もの観光客が集ったのだ。

▼結果、壁画を「元に戻さないでほしい」などの署名が殺到

災い転じてというのでしようか、修復後の絵が人気爆発し「このまま元に戻さないでほしい」という嘆願の署名が数多く集まりました。

1 2