1. まとめトップ

「SONOTA」を運営するid:cardmics氏のSEO対策の方法論「検索エンジンで上位表示をさせるためのSEO対策が、最近ではただの精神鍛錬になりつつあるという話。長文+追記が現時点では最強です。」というタイトルのSEO対策記事についてのツイッター上の反響をまとめました。

本家はこちら

みうの見解では長文だから上位表示されるのではなく長文だから後で読むためにはてなブックマークされることが多いので上位表示されやすいと考えています。それに一般的に短文よりも長文のほうが内容が優れていることが多いのでナチュラルリンクが集まりやすい。今も被リンクが上位表示の肝になっていま

追記は効果があることには同意。ポイントは時間を置いて追記すること。 グーグルはそのページの過去の履歴を取っています。以前、グーグルのキャッシュが更新されるたびに追記をしていましたが、キャッシュが更新されたか確認するのが面倒になので1か月に1回の頻度で追記をくらいがいいと思います。

昔、楽天カードの紹介文を5000字書いたことがあります。これだけ書いたんだから上位表示されるだろうと期待していたのですが、ぜんぜん上位表示されなくてがっかりした思い出があります。その後、文字数と上位表示の関係を検証した結果、2000字がベストだという結論を出しました。(続く)

(続き)それ以上長文化するとテーマが薄れて上位表示に不利になるとみうは考えています。しかし、この推測は更新を考慮していません。例えば2000字の記事をアップしたあと放置しているページよりも、時間差で追記して1万字にしたページのほうが上位表示しやすいと考えています。(続く)

(続き)もっと言うと最初に1万字の記事をアップしたあと、時間差で記事を削っていき最終的に2000字に持っていくのがベストなのかなとw もちろん記事を削る際はなるべく共起語、関連キーワードを残すことがポイントです。最近みうが提唱しているシェイプアップSEO対策です。

コピーサイトと本家本元のサイトは何が違うか。本家本元のサイトは通常更新をしていきますが、コピーサイトは更新がない。#コピーサイト コピーサイトよりも本家本元のサイトのほうを上位表示させたほうがいいのは間違いないのでグーグルはこういった観点からも更新を重視していると思っています。

昔はどんなキーワードでも検索をかければ1000件表示されていました。今は一般的なキーワードでも1000件も表示されない。また、インデックスも #渋る ようになっています。時間の経過と時間差で更新の比重が高くなっていると考えています。長く運営し、コツコツ更新しているサイトが強い。

グーグルに4000字の薄い記事、2000字の濃い記事は分かるのだろうか。長文でも薄い記事はバズらない。短文でも濃い記事はバズるというのは分かります。しかし長文記事のほうがユーザーが求めている情報が含まれていることが多いので、#基本的に 長文記事のほうがバズりやすいことは間違いない

#感覚的に ビッグキーワードで上位表示させるためには1万字は必要な感じ。どんな記事でも2000字は必要な感じ。 字数にこだわることはまるでドラゴンボールの #スカウター みたいですね。後半になるとスカウターで敵の戦闘力を測る描写が多くなりましたが、あれはあれで面白かったです。

みうは今までtwitterから流れてくる長文記事をGRCに登録してきました。そこで分かったことは長文記事だからといって必ずしも上位表示されるわけじゃない。長文記事は確かに上位表示されやすいけど、それだけでは不十分。何かが足りない。更新、発リンク、被リンク辺りだろうと思っています。

#SEO対策の妄想 この前、短期間に長文化したら順位が下がったと言いましたが、短期間に長文化したから順位が下がったのではなく、滞在時間や被リンクなどの兼ね合いから順位が下がったのではないかと思いました。 (続く)

#SEO対策の妄想 (続き) google「あれ、このページはやたら長文な割にはぜんぜん被リンクが付いていないし、滞在時間が短い。きっと価値がないコンテンツに違いない。よし、順位を落としてやれ!」とgoogleは判断したのかもしれない。 まあ、真相は分からないけどね。

個人的な実験プラス観測範囲内で、 1記事あたり3万文字以上はグーグルから評価されてない気がするんですがどうですか? 1〜2万文字までは評価されてる印象。 #もちろんダラダラ書きではなく

知恵袋やアットコスメに出てくるユーザー目線ライティングは3000文字どころか500文字も満たずに今すぐ客以外までもCVさせているという事実。

個人的な見解としては、長文優位の傾向は近いうちに弱まるんじゃないかと思っている。 缶ジュース一本買うのにでっかいショッピングモールに入って長距離・長時間歩いて買いに行かされるようなもんで、検索結果が長文ばっかになればユーザー満足度は低下するだろうし。Gも方向性見直すかなと。

Googleが長文ぶち込み記事の優遇を辞めたら、速攻で既存記事で7000文字近いとこを削っていく予定。でも4000字くらいは必要な記事もあるから、そこはしっかりユーザー目線で見極めていかないとね

長文がSEOにもっともよいという話だけど、この流れはたぶん長く変わらないと思ってる。そもそも被リンクの時「良い論文ほど参照されている」とよく言われていたように、Googleは論文のような説明・ノウハウ系の記事程良いという意識があるんじゃなかろうか。

俺の立場からしたら長文はやはり上位表示されやすい。もちろん中身も見られてるから、スカスカじゃだめ。加えて筆者の言うようにコンテンツ数・ページ数・インデックス数は私も非常に重視している。 / “SEOにかんしては、検索順位を上げる嘘…” htn.to/2497uN

読まれる長文と読まれる短文なら、前者のが上位表示されるのはまぁ当たり前なんちゃうかと 読まれない長文と読まれる短文なら、前者の読まれなさ具合によるかなって感じ 自演リンク一切なしのブログレベルのお話ですが

短い文章が悪いわけじゃない。 短い文章では論理的な説明をおこなうのに限界があるケースが多いだけ。

長文だから上位表示するのではなく、わかりやすく解説しようとした結果、長文にもかかわらず読者に満足してもらえるから上位表示する。シンプルに伝えられるのならシンプルな文章のほうが絶対にいい。でも、シンプルさは時に論理飛躍を起こす。誰にとって論理的であるべきかを選択するのが大事。

長文記事の2タイプ。   1、ひとつのテーマをわかりやすく論理的に掘りさげた結果、長文になったもの。 2、たくさんの情報をただ並べた結果、長文になったもの。   ネット上には「1」の記事は少なく「2」の記事が多い印象。 社会的には「1」の記事こそが必要とされている気がする。

文字数1,000程度でも更新頻度が高ければサイトの成長が早い感じがする。 逆に5,000文字クラスをゆっくり更新すると明らかに遅い。 けど、最終的には後者の方が強くなる感覚がある。

1文1文が長いと、エイジングフィルターが切れた直後の伸びが強いのは何度も経験しています。 2015年、最も効果的なSEOの手法は長文を書くこと | Lifeclip lifeclip.org/it/20150727.ht… @yuya_qさんから

「長文推し」からユーザー体験重視に変わる転換期になればと思う。自分の実験(n少な目)では、流行りの長文コンテンツを読みやすく再編集し文字数大幅カットした事で直帰率など多くのシグナルが好転、だからか?流入ワード種類数は増え既存流入ワードの順位が上がるという事象を確認している。

ミエルカVIPセミナーにて山田君の短文化実験面白い。ヒートマップのアテンションが低いところをバッサりカット(平均30%文字減)、正しくない日本語を正し、読み手の欲しい情報を優先した構成に変更。改善後のターゲットキーワード順位アップ… twitter.com/i/web/status/8…

古いサイトの売上が落ちるのは、中身が今の長文SEOに対応しきれてないからというのもありそう。後から新しく出てくるライバルサイトほど最新のSEOに対応してくるし。

1 2 3





seo-oyakutatiさん



  • 話題の動画をまとめよう