1. まとめトップ

「SONOTA」を運営するid:cardmics氏のSEO対策の方法論「検索エンジンで上位表示をさせるためのSEO対策が、最近ではただの精神鍛錬になりつつあるという話。長文+追記が現時点では最強です。」というタイトルのSEO対策記事についてのツイッター上の反響をまとめました。

本家はこちら

みうの見解では長文だから上位表示されるのではなく長文だから後で読むためにはてなブックマークされることが多いので上位表示されやすいと考えています。それに一般的に短文よりも長文のほうが内容が優れていることが多いのでナチュラルリンクが集まりやすい。今も被リンクが上位表示の肝になっていま

追記は効果があることには同意。ポイントは時間を置いて追記すること。 グーグルはそのページの過去の履歴を取っています。以前、グーグルのキャッシュが更新されるたびに追記をしていましたが、キャッシュが更新されたか確認するのが面倒になので1か月に1回の頻度で追記をくらいがいいと思います。

昔、楽天カードの紹介文を5000字書いたことがあります。これだけ書いたんだから上位表示されるだろうと期待していたのですが、ぜんぜん上位表示されなくてがっかりした思い出があります。その後、文字数と上位表示の関係を検証した結果、2000字がベストだという結論を出しました。(続く)

(続き)それ以上長文化するとテーマが薄れて上位表示に不利になるとみうは考えています。しかし、この推測は更新を考慮していません。例えば2000字の記事をアップしたあと放置しているページよりも、時間差で追記して1万字にしたページのほうが上位表示しやすいと考えています。(続く)

(続き)もっと言うと最初に1万字の記事をアップしたあと、時間差で記事を削っていき最終的に2000字に持っていくのがベストなのかなとw もちろん記事を削る際はなるべく共起語、関連キーワードを残すことがポイントです。最近みうが提唱しているシェイプアップSEO対策です。

コピーサイトと本家本元のサイトは何が違うか。本家本元のサイトは通常更新をしていきますが、コピーサイトは更新がない。#コピーサイト コピーサイトよりも本家本元のサイトのほうを上位表示させたほうがいいのは間違いないのでグーグルはこういった観点からも更新を重視していると思っています。

昔はどんなキーワードでも検索をかければ1000件表示されていました。今は一般的なキーワードでも1000件も表示されない。また、インデックスも #渋る ようになっています。時間の経過と時間差で更新の比重が高くなっていると考えています。長く運営し、コツコツ更新しているサイトが強い。

グーグルに4000字の薄い記事、2000字の濃い記事は分かるのだろうか。長文でも薄い記事はバズらない。短文でも濃い記事はバズるというのは分かります。しかし長文記事のほうがユーザーが求めている情報が含まれていることが多いので、#基本的に 長文記事のほうがバズりやすいことは間違いない

#感覚的に ビッグキーワードで上位表示させるためには1万字は必要な感じ。どんな記事でも2000字は必要な感じ。 字数にこだわることはまるでドラゴンボールの #スカウター みたいですね。後半になるとスカウターで敵の戦闘力を測る描写が多くなりましたが、あれはあれで面白かったです。

みうは今までtwitterから流れてくる長文記事をGRCに登録してきました。そこで分かったことは長文記事だからといって必ずしも上位表示されるわけじゃない。長文記事は確かに上位表示されやすいけど、それだけでは不十分。何かが足りない。更新、発リンク、被リンク辺りだろうと思っています。

#SEO対策の妄想 この前、短期間に長文化したら順位が下がったと言いましたが、短期間に長文化したから順位が下がったのではなく、滞在時間や被リンクなどの兼ね合いから順位が下がったのではないかと思いました。 (続く)

#SEO対策の妄想 (続き) google「あれ、このページはやたら長文な割にはぜんぜん被リンクが付いていないし、滞在時間が短い。きっと価値がないコンテンツに違いない。よし、順位を落としてやれ!」とgoogleは判断したのかもしれない。 まあ、真相は分からないけどね。

まーさんいわく 「長文をスマートにするだけで、順位回復の事例もある。」 みうも長文記事を思いっきり削ったら順位が上がった経験があります。でもそれはユーザー評価とは関係ない。なぜなら削った記事はユーザー評価以前にアクセス数がほとんどないサテライトブログの記事だったから。

キュレーションメディアは一見するとコンテンツが充実しています。googleはキュレーションメディアをどうやって飛ばしているんだろう。単に長文SEOが弱くなっただけかもしれない。

2万5000字の長文を削って2万字にしたら上がる可能性が高い。2万字の長文を1万字にしても上がる可能性が高い。 しかし、5000字ぐらいあった長文を400字にしたら順位が下がりました。googleは最低これくらい書かないと評価しないよという基準があるようだ。

やっぱユーザビリティ大事だろってことで4000文字くらい内容削ったら、順位6位くらい転落しちゃったから慌てて戻した(´・ω・`)w 絶対読みやすく仕上がってたのに…。やはり未だに網羅性は重視されているのか。

文字が5000文字とか関係ないと思います。テーマについて書いたらそれが3000文字とか5000文字、ときには500文字になるだけなので^^ 重要なのはテーマに対する解答として適切か否かですよね!当然ブログの文章も50文字の時もあれば5000文字の時もある。シンプルに~

もう何度目のつぶやきになるか分からないけど、改めて感じる。100記事は近いようで遠い。そして長文ゴリ押しでは飛ぶ危険性も出てきたので、なるべく濃いものを凝縮しなければいけない。今年は新しいフェーズに入っていくなコレ

@webgunshi 無意味な水増し長文が飛んでる感じですね~。ユーザーの精読率が低い記事はガンガン飛ばされてます\(^o^)/

読み手に気付きを与える鋭い記事や、多くのユーザーが共感する記事が上位固定になってる。ただ出来が今ひとつでとりあえず長文&広告でゴリ押ししてた記事が壊滅してる。Googleは完全にユーザーの動き見てるなぁ…

短文でササッと書かれたアメーバブログ文化的なトレンドブログがクッソ強くなってて笑う。結局、長文なんて誰も読んでねぇって事の裏返しな気もするぜ\(^o^)/

@penguinafi8 Googleの方針次第ですが、何でも感でも長文で網羅すればいい時代はもう終わってると思うので、記事のターゲットに合わせて最適な文字数にグレードダウンしていくと思います\(^o^)/

長文ハットゥがオワコンになって最近はスキンケア大学をよくみかけることが多くなった。アクセス予想もこんな感じ。記事はあたりさわりのない内容でも上位表示されてる。ドメインパワーハットゥの時代か pic.twitter.com/NZzGq7BRoH

内容の薄い長文ページの順位が下落し始めたという話がチラホラ出てるけど、今までがブーストかかってただけなんだよね。

長文すぎるサイトは下がってるけど、上位サイトの何がいいかよくわからない感じになってるでござるな。

トップページに14万文字ぶっこんでリンク当てるだけで上位表示される 今の所このブラックゴリゴリ手法が相当強い。 pic.twitter.com/So3sPvtoBc

とりあえず長文ぶっこみ主義が終焉した感。かわりに上がってきたのは完読率の高いNAVER記事。著作権無視してでも読者のニーズに答えろという恐るべき神のお告げです

1 2 3 4





seo-oyakutatiさん