1. まとめトップ

そろそろ雪降りそうだし『 #ハリスツイード 』いっとくか

今年の冬は暖冬のようですが、各地でようやく雪が降り出したようです。そこでおススメなのが、暖かくて、オシャレで防水性の高いファブリック『ハリスツイード』。トラッドな生地だからこそ、あえてスポーティーな着こなしにチャレンジしてみたいですね。

更新日: 2018年09月21日

2 お気に入り 6062 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

18世紀から変わらない古式製法を守り続ける
ハリスツイードは18世紀ごろ、スコットランド北西部のハリス&ルイス島で誕生。その製法は、島でとれた羊毛を手紡ぎした糸を用い、手織り織機で織り上げるというもの。剛健さと、加工を一切施さない素朴な質感が大きな魅力だ。

ブランドタグから読み解けるハリスツイードのこだわりは「ハリスツイード協会」設立者の家紋をアレンジしたもの。ラベル右下には生地の生産者が判別できるシリアルナンバーが記される。

そんなハリスツイードの魅力は、ざっくりとしたナチュラルな風合い。子羊の新毛に、死毛である「ケンプ」(よく見ると混ざっている白い糸です)を加えることで、この独特の風合いを出しています。保温性に優れているのはもちろんのこと、雨の国、イギリスで育ったテキスタイルだけあって、雨に強いという利点も。また染料もそのほとんどが植物の根や苔など自然由来の植物性で、豊かなツイードから漂う自然の香りを楽しめます。

ハリスツイードの生誕100周年を記念して、日本では「HARRIS TWEED meets 10 JAPANESE DESIGNERS」というコラボレーション企画が実現。G.V.G.V.、ビューティフル ピープル、プランピーナッツ、ミュラー オブ ヨシオクボ、カオン、ラウラ、Pippi、ミュベール、ヴゼット、LUDLOW(ラドロー)、の10ブランドがコラボアイテムを展開する。

しまむらさんが話題のようヾ(・ε・`*)

ZOZOTOWNさんも注目です

お手本

▼あわせて読んでね▼▼

1