1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

エイチRさん

そもそも暖冬って?

暖冬(だんとう)とは平年(1981 - 2010年の平均)に比べて気温の高い冬のことである。気象庁による3階級表現で12月から2月の平均気温が「高い」に該当した場合の冬をいう。

どんな影響があるの?

暖冬による影響は、農産物の生産増減、少雪による水資源の不足、冬物衣料や暖房器具の売れ行き不振など経済活動に大きな影響をもたらす。

農作物の被害

タマネギやハクサイ等のように、生育の進みすぎでの花芽分化や抽苔発生による品質低下、あるいは日照不良や相対的高夜温を伴う暖冬では軟弱徒長的生育での病害虫の多発による害が発生しやすい。

暖冬は経済にも深刻な影響を与える?

冷えに弱い女性にとっては朗報にも思えますが、“寒くない冬”は、じつは経済をこじらせるものなんです。

「気温が高い日が続き、冬物衣料の売り上げが想定に届かなかった」。

新たな暖房器具を買う人が減る、冬のレジャーに興じる人が減る、鍋を売り物にしている飲食店は客の入りが悪くなるでしょう。

つまりは冬の風物詩とされる物が売れなくなるのです。

自然界にも影響が!

ナッツ暴食で正月太りする野生のリスが大量発生!太り過ぎだけど…カワイイ♡

イギリスでは小鳥用の餌置き場が荒らされるそうで、ネズミ扱いだそうです。
日本のまるまる太ったドブネズミみたいな感覚ですかね!?
1匹2匹見る分にはいいかもしれせんが繁殖力が高く増えすぎると嫌われる存在になるようですよ。

1