1. まとめトップ
  2. 雑学

手で口元を隠す人は”秘密主義”!?「手の動き」で分かる心理や性格

手の動きにはその人の「心の状態」や「性格」が表れるといいます。言葉や表情は隠せても”手のしぐさや癖”ってなかなか隠せません。話し相手の”手の動き”を観察していると相手の事が分かってくるかもしれませんね!?

更新日: 2016年01月16日

757 お気に入り 303455 view
お気に入り追加

手は「心」を表す!?手の動きで心理状態や性格が分かる!

人間の手は、たくさんのことを表現します。ボディランゲージの多くは、手の動きによりますし、手は、ものすごく多くの動きができますから、顔の表情の次に、自分の気持ちを表明しやすい部分なのです。

手の動きは、人間の心の状態を如実に表しています。

言葉や表情は意識的に隠せても『手のしぐさ』はなかなか隠せるものではありません。

手の動きは人の心と連動していることが多く、その動きもじつに様々です。

■手で口元を隠している

出典mcha.jp

コンプレックスやトラウマで、口臭を注意されたことが記憶に残っててつい口を手で塞いでしまったり、歯並びを気にしているだけということもある。

相手から自分の表情や心理を隠したいという心理的な願望が出ている。

口元を覆い隠すようなしぐさをする癖がある人は、秘密主義な性格であることが多い。

テレビのバラエティ番組などで、芸能人が頻繁にやっているしぐさでもあります。

■見える位置で手を開いている

手のひらを見せるのは、「私は、武器を何も持っていません。安心してください」という意味を持っているからです。

リラックスしているときは、チカラが緩み、手がジャンケンの「パー」に近い形になります。

こぶしの開き具合を見れば、相手のリラックス度が一目瞭然。「こぶしの開き具合」=「心の開き具合」になるのです。

会話をしている時に、相手が、手を広げて机の上に置いたなら、非常にオープンで開放的な心理状態となっていると判断してください。

■握りこぶしを作っている

会話中に相手がこのしぐさをしたら、相手を怒らせる会話内容だったと考えられます。すぐに会話を変えてみましょう。このようなしぐさをされないように、常日頃から、他者には配慮しないといけないですね。

相手が、体の前で握りこぶしを作ったら、要注意です。

相手は、あなたに対して、怒りを感じているか、拒絶しようとしています。

握りこぶしを作ったら、完全に心は閉じて、拒絶されていると考えるとよいのです。

■腕組みをしている

話し相手が腕組みをしている時は、警戒を解くような話から入っていくとよいでしょう。

腕組みをすることで自分を守り、心理的に安心感を得たいという表れです。

相手が腕組みをしている場合、警戒心があり心を開いていないという事です。

ちなみに、一人で腕組みしている場合は、考え事に集中していることが多いです。

腕組みをすることで「他から邪魔されずに、深く考えたい」という心理が働いていることが考えられます。

■手をもみ合わせている

出典wooris.jp

自分の心が落ち着かない場合やあるいは相手に対して警戒心を持っている時に無意識にしてしまうと言われます。

1 2 3





CaressofVenusさん