1. まとめトップ

ガンダムタイプの機体図鑑【アフターコロニー(新機動戦記ガンダムWシリーズ)】

A.C.、Endless Waltz、エンドレスワルツ、EW、Frozen Teardrop、フローズンティアドロップ、FT、モビルスーツ、マーズスーツ、MS、ウイングガンダムゼロ、ガンダムデスサイズ、ガンダムヘビーアームズ、ガンダムサンドロック、マニアック、ロボット、ガンプラ、アニメ

更新日: 2016年05月14日

20 お気に入り 294150 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kwkwkwkwさん

【アフターコロニー(A.C.)におけるガンダム】

「ガンダニュウム合金を使用したモビルスーツ」のことを指す。
中でもウイングガンダムゼロを基礎として開発された、コロニー側が「オペレーション・メテオ」のために建造した5機のMSおよびこの系統に属する機体を指し、同じガンダニュウム合金を使用しているヴァイエイトやメリクリウス、ビルゴシリーズはガンダムとは呼ばれていない。
小説版では本来「ガンダム」はトールギスの開発中のコードネームという設定であった。
また、外伝であるG-UNITには別系統のガンダムタイプが登場する。

【XXXG-00W系統】

「ゼロシステム」

ゼロシステム (Z.E.R.O.System)、正式名称「Zoning and Emotional Range Omitted System」(直訳すると「領域化及び情動域欠落化装置」)とは、分析・予測した状況の推移に応じた対処法の選択や結末を搭乗者の脳に直接伝達するシステムで、端的に言うと、勝利するために取るべき行動をあらかじめパイロットに見せる機構である。
本システムが提示する戦術とは、基本的に単機での勝利を目的としたもので、目的達成のためであればたとえ搭乗者の意思や倫理に反する行為も平然と選択する。状況によっては搭乗者自身の死や機体の自爆、友軍の犠牲もいとわない攻撃など、非人間的な選択が強要されることもあり、これがパイロットの精神に多大な負担をかける。

初登場:アニメ『新機動戦記ガンダムW』
頭頂高:16.7m
重量 :8.0t
搭乗者:ヒイロ・ユイ
    デュオ・マックスウェル
    トロワ・バートン
    カトル・ラバーバ・ウィナー
    張五飛
    ゼクス・マーキス
    トラント・クラーク


「アフターコロニー」史上初のガンダムタイプMS。
宇宙戦闘に特化した機体として設計されたが、大気圏内での戦闘も可能な汎用性も持つ。
パイロットを廃人に追い込む危険のあるインターフェイスシステム「ゼロシステム」と、強大な兵器を装備している。
主武装であるツインバスターライフルの威力もあって単独での敵拠点攻略を可能としている。

初登場:漫画『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光』

EW版のガンダムゼロの原型機であると設定され、TV版のウイングゼロに相当する機体とされている。
TV版同様にH教授の設計図から造られた。TV版のオリジナルデザインを踏襲している。したがってネオバード形態への変形機構やシールドなどの省略されていた武装も有しているが、ウイング内部にネオバード形態用の副翼が収納されているなど細部が異なっている。
デザインはカトキハジメが手掛けている。

初登場:OVA『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』
頭頂高:16.7m
重量 :8.0t
搭乗者:ヒイロ・ユイ
別称 :「ウイングガンダムゼロカスタム」

デザインが違うのみで「ウイングガンダムゼロ」と同一機である。
機体色はほぼ白青のツートン。
兵器的な無骨さを持つテレビ版とは対照的に、天使を髣髴とさせる4枚の翼、甲冑的な意匠を取り入れた本体部と、よりキャラクター性を重視したスマートなデザインとなっている。
ネオバード形態への変形機構は廃止されている。また惑星間航行用ブースターを装着することも可能。

初登場:漫画『新機動戦記ガンダムW〜ティエルの衝動〜』
搭乗者:ティエル・ノンブルー

OZに回収されたウイングゼロのデータを元に、その量産機として開発された戦闘攻撃MS。
機体名は天使の最高位階である「熾天使(セラフィム)」に由来する。
ウイングが合計4枚である。サブウイングはそのまま背中に装備されているが、大気圏突入用のウイングが、サイドアーマーへの収納式となっているのが特徴。
また、一般兵士が扱えるよう改良が施されたゼロシステム、通称「ゼロシステムVer.2.5」を搭載。
コスト面なども考慮してバスターライフルは一丁のみとなっているが、それでも他の量産機に比べ高い攻撃力と機動性を誇る。

初登場:漫画『新機動戦記ガンダムW〜ティエルの衝動〜』
搭乗者:カール・ノンブルー

セラフィム量産直前に、ゼロシステムの試験機として製造されたMSで、いわば「セラフィムの量産試作機」を前提とした機体。
名称は神に反逆した熾天使「ルシファー」に由来する。
ウイングが合計4枚である。外見上はゼロ(EW版)のサブウイングがメインウイングと同形状になったもので、 戦闘を目的としたものではないため、一切の武装を持たない。
危険な欠陥プログラム「ゼロシステムver2.0」搭載されている。

初登場:企画『ガンダムビルドファイターズ炎』
全高 :17.0m
重量 :9.1t
操縦者:コウエン・ユウセイ

「HGAC ウイングガンダムゼロ」の改造機。
機体の耐久性は若干の向上に止められているが、その分機動性と攻撃力を徹底的に強化している。
背部ウイングには、「ハイパーカレトヴルッフ」を2振り装備。柄を引き抜くことで大型ビームサーベルとしても使用できる。
ネオバードモードの機首を兼ねる「ウイングシールド炎」は、中央に炎クリスタルを埋め込んだ独自の形状を持つ。
原典機と共通の武装として、ツインバスターライフル1挺、ウイングシールド炎の裏面にビームサーベル1基を装備する。

初登場:企画『ガンダムビルドファイターズ炎トライ』
操縦者:ソウマ・ツバサ

全体的な外観はゼロ炎をほぼ複製しているが、頭部アンテナやフェイス形状が変更され、両翼に新開発の大剣「フェザーブレイド」を二振り装備している。
フェザーブレイドはメイングリップと大型刃1枚、峰部分に取り付けられた小羽状の刃3枚で構成されている。各刀身には特殊な樹脂が使用されており、バスターソードモードでも片手であつかえるほど薄く軽量な造りとなっている。

初登場:??

ウイングガンダムゼロのデザイン決定までの遍歴。

初登場:アニメ『新機動戦記ガンダムW』
頭頂高:16.3m
重量 :7.1t
搭乗者:ヒイロ・ユイ
    トロワ・バートン
    レディ・アン

ゼロの設計データを元に完成させた機体。
本機は原型機ウイングガンダムゼロの設計思想を最も強く受け継いだ機体であり、その外見や高速飛行形態「バード形態」への変形機構を初め、ウイングゼロを模倣した機能と装備を持つ。
ただし、兵器としては過剰な性能を持つ同機の反省から、バスターライフルの弾数制限やゼロシステムの撤去など、その機能には大きく制約が掛けられている。

初登場:漫画『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光』
頭頂高:16.3m
重量 :7.1t
搭乗者:ヒイロ・ユイ
    トロワ・バートン
    レディ・アン
別称 :「ウイングガンダム・アーリータイプ」
    「ウイングガンダム(Ver.Ka)」

本体形状はEW版ウイングガンダムゼロとほぼ同一のもの。
背部ウイングはより大型かつ複雑なパーツ構成を持ち、カラーリングは鮮やかな原色系のトリコロールになり、武装も大幅なデザイン変更がなされている。
可変機構もテレビ版と一部異なる。

初登場:書籍『新機動戦記ガンダムW エンドレスワルツ 最強プレイングブック』

デザインは石垣純哉。「Endless Waltz バージョン」という名前になっているのは当時ウイングガンダムのEndless Waltz版がデザインされていなかったため。
AC195年、OZの地上基地を強襲した謎の機体とされている。

初登場:アニメ『ガンダムビルドファイターズ』
全高 :16.3m
重量 :7.2t
操縦者:リカルド・フェリーニ

「HGAC ウイングガンダム」の改造機。
度重なるバトルと修復の末に、背部ウイングを左側に寄せた左右非対称の形状となった。
この結果、バード形態への変形機構は廃止され、機体の重心バランスも損なわれているが、これを逆手に利用することでトリッキーな機動を実現している。

初登場:アニメ『ガンダムビルドファイターズ』
全高 :16.3m
重量 :7.3t
操縦者:リカルド・フェリーニ

フェニーチェを全面改修した機体。
「ウイングガンダムにマークIIが存在したら?」というコンセプトで製作され、左右非対称だった部分をすべて対称形かつ鋭角に形状変更し、バード形態への変形機構も復活している。
頭部はツインアイが再びグリーン一色となり、フェイスマスクはスリットのない形状となっている。

初登場:??

ウイングガンダムの初期デザイン案。
この段階では前作のGガンダムと同じく、国籍コンセプトが与えられていた。
ウイングガンダムは日本で、翼のイメージは使われていなかった。
第2稿の段階になると背中に巨大な翼が設けられ、飛行形態への変形ギミックも描かれるようになる。

初登場:小説『新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop』
操縦者:ヒイロ・ユイ
    W教授

W教授が開発したMS。
装備はカートリッジ装填式の新型バスターライフルとビームサーベルで、かつてヒイロが搭乗したウイングガンダムに通じるところがあり、ZEROシステムも搭載している。
外見はウイングガンダムプロトゼロに酷似したものであるらしい。
スペックは現在のマーズスーツや、ビルゴIVにもひけをとらない。
加えて通常の機体ならば行動不能になると言われる火星の強力な磁気嵐の中でもステルスマントを羽織るだけで稼働可能である。

【XXXG-01D系統】

初登場:アニメ『新機動戦記ガンダムW』
頭頂高:16.3m
重量 :7.2t
搭乗者:デュオ・マックスウェル

「オペレーション・メテオ」の中核として投入された5機のガンダムの1機。
ウイングガンダムゼロのデータを基に開発された。
機体仕様は反応速度と突進力を最重視したセッティングとし、5機のガンダムの中では随一の機動性・運動性を持つ。
ステルス技術を応用した電波妨害装置「ハイパージャマー」を搭載。機体の塗装も電波、赤外線を吸収する特性を持つ特殊塗料を使用し、より秘匿性が高められている。

初登場:ゲーム『ガンダムトライエイジ』
頭頂高:16.3m
重量 :7.2t
搭乗者:デュオ・マックスウェル

「ガンダムビルドファイターズ オリジナルモビルスーツ選手権」のガンダムトライエイジコース優勝作品。

初登場:漫画『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光』
頭頂高:16.3m
重量 :7.2t
搭乗者:デュオ・マックスウェル
別称 :「ガンダムデスサイズ(Ver.Ka.)」
    「ガンダムデスサイズ(アーリータイプ)」

全体的なカラーリングはテレビ版に準拠し、武装面でもバスターシールドやハイパージャマーなどテレビ版と同様の武装を装備しているが、本体の形状はEW版ヘルを元にしているため、ヒザと爪先の巨大なスパイクはそのまま残っており、頭部ヘルメットのカラーはホワイトに変更されている。

初登場:漫画『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光』
搭乗者:デュオ・マックスウェル

EW版オリジナル装備。
バックパックの両脇に追加装備される、大気圏内飛行用の可変翼ユニット。
ウイングガンダム(EW版)の主翼を小ぶりにしたような形状を持ち、デスサイズ本体のバックパックと翼自体に内蔵されたスラスターを併用することで、ウイングガンダムと同等の空中機動性を発揮する。

初登場:書籍『コミックボンボン』
別称 :「ガンダムダークエンジェル」

デスサイズの機動性と隠密性を極限まで高め、「潜入行動において無傷で離脱する」特性を突き詰めている。
新たに2本追加されたハイパージャマー、両肩部髑髏のレリーフから発生する煙幕、頭部横からのホログラフィー、頭部上から閃光を発生させる。
両刃タイプのビームサイズをプロペラのように回転させ敵を一撃のもとに葬る。
「コミックボンボン」掲載時と「新機動戦記ガンダムWパーフェクトアルバム」掲載時とで名前が異なる。

初登場:書籍『コミックボンボン』
別称 :「ガンダムマッドタランチュラ」

MSの共通した特徴である2本脚を外して新規に蜘蛛のような6本脚の多脚型歩行ユニットを装備し、接地が不安定な泥沼や砂漠・密林での戦いを有利に持ち込むことを設計コンセプトに置いている。
さらに巨大な2本の前脚は格闘戦にも応用できる。
「コミックボンボン」掲載時と「新機動戦記ガンダムWパーフェクトアルバム」掲載時とで名前が異なる。

初登場:書籍『コミックボンボン』
別称 :「ガンダムナイトメアケンタウロス」

デスサイズの足を馬のような脚部ユニットに変更し、関節を強化、地上における移動性能を向上させた機体。
右手に携行した伸縮可能なヒートランス、左腕のビームをはね返す真ん中の髑髏模様が特徴のシールドを装備。
敵集団に突撃し、けちらして進む一撃離脱戦法を得意とする。
ただしこの戦法を行うには速度と殲滅力が不足しているため廃案になった。
「コミックボンボン」掲載時と「新機動戦記ガンダムWパーフェクトアルバム」掲載時とで名前が異なる。

初登場:書籍『コミックボンボン』
別称 :「ガンダムクレイジービースト」

デスサイズに「ゼロシステム」を搭載、宇宙用に改造した機体。
両肩部の巨大なポッドはコウモリ形の「ファンネル」を搭載したファンネルポッドであり、射出することによって遠隔操作を行う事が出来る。
脚部ユニットは4本のクローユニットとなっている。
両肩サイドにつき出たリアルチックな髑髏と胸の髑髏レリーフから出るダミーエコーにより、レーダーに虚像のデータを送り込むことによりステルス性を高めた。
「コミックボンボン」掲載時と「新機動戦記ガンダムWパーフェクトアルバム」掲載時とで名前が異なる。

初登場:??

ガンダムデスサイズのデザイン決定までの遍歴。

1 2 3 4