1. まとめトップ

#宜野湾市長選 現市長とヘイト団体の密接な関係:まとめ

市長選を目前に迎えた宜野湾で、現市長がとある保守系イベントに登壇予定だったことが波紋を広げている。参考: #宜野湾市長選 現市長の問題点:まとめ http://togetter.com/li/918588

更新日: 2016年01月16日

0 お気に入り 2642 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

chobico58さん

登壇予定者は、宜野湾市長・佐喜眞淳氏、参議院議員・中山恭子氏のほか、我那覇真子、手登根安則、水島総 各氏ほか。 現市長を応援するための保守系イベントでした。

ハイすっごいヤバいね!!
しかし、このヤバさにピンと来ない方も多いはず。なので以下に問題点をまとめてみました☆

①共催が「頑張れ日本」

「頑張れ日本」は、過去に中国や同性愛者へのヘイトデモを行った極右組織。中でも2012年、オスプレイ反対で上京した沖縄県代表団へのヘイトデモは、許しがたい侮辱として県民に記憶されています。

■当時の様子

銀座を歩いてたら、通りの向こうから「キチガイ売国奴はとっとと日本から出ていけゴルァ!」という怒声が聞こえてきた。オフスプレイ反対デモに罵声を浴びせる日章旗の方々の声だった。 pic.twitter.com/MIs19VW1

ひどいな。どんだけ切り捨てたら安心するんだろう。 RT @qianbianwanhua: 沖縄県民も売国奴よばわりです。NOオスプレイデモ pic.twitter.com/g2sW0edh

あまりにも酷い罵倒…。
民意で選ばれた、それも保革問わず全首長・議長が参加したこのデモに、沖縄ヘイトをまきちらした「頑張れ日本」。そんな団体が沖縄で、しかも、オスプレイが強行配備された当の宜野湾市でイベントするなど絶対にあってはならないはず。
そのあってはならないイベントに、なんと…

①宜野湾市長が登壇予定だった!

現市長の佐喜真さん、オスプレイ反対って本当に言うなら、「オスプイは日本を守るために必要だ、いらないなら日本から出てけ」とか言う団体のシンポには出ない方が良いんじゃないですか? twitter.com/reireiusagi/st… pic.twitter.com/Ze6XNg8tuT

佐喜真さん、「建白書」を手渡すために、上京した沖縄の代表団に『売国奴』『日本から出ていけ』「ゴキブリ!ウジ虫」と罵声を浴びせた団体のシンポに本当にでるの?ヘイト側にいくのか…。 動画→youtu.be/58dukS0J5ow pic.twitter.com/lBllkD4O9N

③しかも、パネリストの顔ぶれが酷すぎ!

佐喜眞淳は、本当にボギーテドコン主催のシンポジウムに登壇してしまうのだろうか。極右団体/宗教右翼との交流を深める人物が市長を務めていたなんて、ぞっとする。うとぅるさよ。 ganbare-nippon.net/events/view/46 pic.twitter.com/R3TXBgAf9m

よりによってオスプレイファンクラブのボギーテドコンがパネリスト。このテドコンと市長は懇談するほど仲良し!

1/15赤旗 宜野湾市長現職の佐喜真淳、「オスプレイファンクラブ」手登根安則と懇談。撮影はエルドリッヂ pic.twitter.com/0LG1S5rEQg

サキマ市長はオスプレイ反対で当選しましたが、本当は大賛成なんじゃないですか!!?
さて、もう一つ、市長と「頑張れ日本」は以前から関係があったのでは?と思わせる事実がありまして…

②現市長は銀座のデモに一人だけ参加しなかった!

なんと友人からの指摘で佐喜眞宜野湾市長は東京でのオスプレイ配備撤回、普天間基地の県内移設反対、閉鎖を訴える集会に代表団として参加し舞台上にも並んだのにデモには只一人参加しなかったそうだ。このヘイトスピーチ団体とはじめからグルなのか? pic.twitter.com/lPw8bQTtaJ

サキマ氏と「頑張れ日本」の共通点は、極右の日本会議系であること。繋がりがあっても不思議じゃない。しかしいくら何でも、オスプレイ大賛成の沖縄ヘイト団体が共催するイベントに出るなんてありえません。
さてイベント当日、サキマ氏は登壇しませんでしたが…

④市民や県民への釈明は一切なし!

確認はできてないけど、ヘイト団体「頑張れ日本!」の宜野湾での集会、佐喜眞市長は出席しなかったのかな? 登壇予定者に佐喜眞市長の名前を明記していたサイトも、今日は削除されている。とはいえ、ヘイト団体との関係の有無や、登壇予定者に名前が入っていた経緯を、佐喜眞さんは説明すべきだと思う

全く持ってその通り!
以上、問題点でした!

おまけ① ヘイトデモのインパクト

2012年のヘイトデモは、翁長知事の政治スタンスを変え、沖縄のターニングポイントとなった出来事でした。

名前を覚えよう。右翼団体《頑張れ日本》は、東京に上京した沖縄の代表団41市町村首長と議長らのパレードをヘイトスピーチで迎えた方々「沖縄人日本から出て行け」「売国奴」と、当時 自民党だった翁長さんは、この出来事がきっかけで辺野古移設を止めるため知事選に出る決意を固めた。#宜野湾市

おまけ② 宜野湾・極右化計画進行中?

宜野湾市民会館の一月の予定が、公開されてる情報だけでも右翼ばっかりでワロタ。 11日「頑張れ日本with佐喜眞市長」 24日「生長の家」 30日「平安学園」

最後に

宜野湾市に限ったことではなく、公約と真逆の行動を取り、ヘイト団体のイベントに名前が出るような政治家を、私たち有権者は決して選ぶべきではないと思います。考え方はいろいろあったとしても、良識ある投票をしたいもの。
ところで例のイベント、全然人が集まらなかったそうです。そりゃそうだ!!

行ってきた。右翼の元締め「日本会議」傘下の「頑張れ日本!全国行動委員会」の集会。キャパ1200人の宜野湾市民会館大ホールに60人程度。集まった顔ぶれはよそ者、宜野湾地元の顔は確認できなかった。現職市長を激励するために開かれた集会なはずが、人集まらず。

1