1. まとめトップ

【就活・転職】エントリーシート・履歴書を簡単に書ける6つのポイント【就活生必見】

エントリーシートで勝つ方法を紹介する。就職活動において、「エントリーシート」をちゃんと書けないと大手・中小企業に受かることは、不可能だ。しかしエントリーシートを書くための文章力を身につければ、ワンランク上の企業への合格がみえてくる。

更新日: 2016年01月21日

6 お気に入り 370 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

11M32427さん

☆意識すること☆

○「文章の型」を知る。

文章を書きなれていない人は「一番伝えたいこと」→「その理由」→「経験(失敗・対策)」→「経験から得たこと」→「まとめ」の順番に書くと良い。

○文章の「つなげ方」を知る。

接続詞は、文章を読む 人に方向性を示す。また、接続詞を使いこなすことで、文章を理論的に見せることができる。その結果として、読み手に「頭の良さ」を印象づけることができる。

☆実際にやること☆理論を積み上げる

○「書きたいこと」を箇条書きにする。

書きたいことをいきなり文章にすることは難しい。これを克服するために、支離滅裂でもよいから、書きたいことを箇条書きにする。

○「書きたいこと」を整理する。

前の項目で書きたいことをぼんやりと示たら、これを整理する。必要な経験や根拠を関連付ける。
また印象が弱いものや、関係ないものは消す。

○「書きたいこと」を接続詞でつなげる。

自分について書きたいことをまとめたらそれを「一番伝えたいこと」→「その理由」→「経験」→「経験から得たこと」→「まとめ」の順番につなげる。この時、接続詞を使って理論的な思考ができることを示す。

○「友達」に読んでもらう。

書いたことは誰かに読んでもらいましょう。初めて書く文章は自分中心になってしまいがちです。誰かに読んでもらい意図が通じているかを確認しましょう。「友達」はあたり障り無いコメントをする人よりはしっかりミスを教えてくれる人にしましょう。

1