出典 blogimg.goo.ne.jp

京成750形電車は、1954年より1973年まで在籍した京成電鉄の通勤形電車。
1954年に製造開始。京成初の本格的なカルダン駆動方式を採用した車両である。

編成はモハ750形(751-760)-クハ2250形(2251-2260)、またはクハ2250形-モハ750形の2連を基本とし、750形のみの連結を基本として3~4連でも運用していた。モハ750形の前面は700形とほぼ同様であったが、クハ2250形の前面は編成の中間に入ることを考慮して切妻運転台を採用した。
1972年から廃車が開始され、翌1973年に形式消滅した。

この情報が含まれているまとめはこちら

京成電鉄の歴代車両一覧【画像集】

関東の私鉄の一つでもある京成電鉄の歴代車両一覧です。参考程度にどうぞ。

このまとめを見る