1. まとめトップ

無理なく続けれる糖質・低炭水化物ダイエットのコツまとめ

ブームというより、ダイエットの主流になった糖質ダイエット、低炭水化物ダイエットですが、どうしてもストレスを溜めやすく、リバウンドすることも多いと聞きます。無理なく続けるためのコツをまとめてみました。

更新日: 2016年01月16日

6 お気に入り 2132 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

夜だけ 低炭水化物から始める

脳が働くための大事な栄養素でもある炭水化物を昼間に抜くのは 仕事や勉強の妨げになりやすいです。

脳の栄養素はブドウ糖です。炭水化物をカットしてしまうと脳の栄養が足りなくなってしまいます。
その結果、
無気力
集中力がなくなる
イライラ
になることがあります。これからは脳へのストレスになりますので、その反動でダイエットが中断してしまうこともあります。また日中のお仕事をされている場合には、頭をフルに動かす事が必要になりますが、炭水化物が不足しているので、思うように頭が動きません。

夜は寝ることが前提なので、炭水化物を抜いても支障が少ない

炭水化物抜きダイエットをするなら、一日の最後の食事である夕食のみにすることが効果的でしょう。
※効果的というのはダイエットに関してではなく、普段の生活に支障がないダイエット方法という意味での効果的を指しています。
夕食後は、寝るだけなのでそれほど脳に栄養は必要ありません。糖質にしてもカロリーにしても抑える食事をするなら、夕食がベストです。

食生活も無理なく 意識せず炭水化物が減らせるものを取り入れましょう

炭水化物抜き、減らすのを意識したものばかりを食べているとストレスが溜まってしまいます。意識せず、普通の食生活感覚で食べれるものをうまく取り入れましょう

麺好きにお勧めなのが低糖質麺

麺類が食べれないのは結構なストレスになります。
食べ応えのある低糖質麺をうまく取り入れましょう

カルボナーラやカレースープ付き等のメニューも魅力

ランチにもお勧めの低糖質カップ麺も登場

職場や学校での食事で低炭水化物化は意外と難しいです。周囲に気を使わせないさりげない低炭水化物メニューも大事です。

どうしても本格的なラーメンが食べたいときも僅か糖質17gで大丈夫

ストレスを下げるための低糖質スイーツ

適度にスイーツも食べることで、ストレスを軽減するのも長続きするコツです。

お酒も低糖質を上手く取り入れましょう

最近は糖質ゼロを謳った商品も増えました。
今回は外飲みの際の参考になる 低糖質のお酒ランキングをご紹介します。

1 2