債務整理をするとクレジットカードが持てなくなる理由

なぜ持てないのかというと、クレジットカードを作る時は審査がありますけど、その審査では信用情報を見る事になります。



もしあなたの信用情報に債務整理の経歴が記載してあると、どこのクレジット会社であってもこの人は返済能力がないと判断されてしまうので結果的に審査に落ちてしまいます。



ですので、債務整理をしてクレジットカードを持ちたいのなら自分の信用情報の履歴から債務整理が削除されるのを待つ意外にないです。



債務整理後、どれくらいの期間、クレジットカードが持てないの?

ではどれくらいの間、クレジットカードを使用できないのかというと、
基本的には5年から10年です。



一番債務整理で記録されている時間が長いのが自己破産と言われています。



自己破産:7年から10年の間
任意整理・個人再生・過払い金請求:5年前後
となっています。



以上が債務整理をしたらクレジットカードを利用できない理由と利用できない期間です。

出典債務整理費用※安い方法は?-着手金・成功報酬とは?-

前へ 次へ