大気中に含まれる二酸化炭素などには、
海や陸などから発せられる熱を蓄積する働きがあります。

18世紀半ばの産業革命以来、人間活動による化石燃料の使用や森林の減少などにより、
大気中の温室効果ガスの濃度は急激に増加しました。

温室効果ガスの濃度増加により、地球温暖化の原因と考えられています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る