1. まとめトップ

リオ五輪をかけた闘い! U-23日本代表

U-23サッカー リオオリンピック予選を兼ねたアジア選手権がはじまりました。グループリーグは、北朝鮮、タイ、サウジアラビアを相手に3連勝。準々決勝イラン準決勝イラクを下す。決勝は韓国。

更新日: 2016年01月31日

6daimessさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 4190 view
お気に入り追加

2016アジアサッカー連盟(AFC)U-23(23歳以下)チャンピオンシップ

今大会は8月に開催されるリオデジャネイロオリンピック(五輪)サッカーアジア地域最終予選を兼ねて行われている。

16チームが4組に分かれてグループリーグを行い、各組1・2位チームが8強トーナメントを行う。トーナメントで3位まで入ったチームがリオデジャネイロ五輪本大会の出場権を獲得する。

1次リーグ第1戦U-23北朝鮮代表戦 1月13日

決勝ゴールの植田直通

前半5分、右からのCK。ファーサイドへフリーで走り込んだ植田がダイレクトで合わせてゴールネットを揺らす。日本が幸先良く先制に成功する。虎の子の1点を守りきった日本が白星スタート。

手倉森誠監督(48)は「一戦目充分鍛えてもらったなという感じの試合で、勝てたことが全てですね」苦しみながらも勝ち点3を確保した手応えを口にした。

北朝鮮に苦戦も決勝弾でチームに貢献…DF植田直通「全員のゴール」。だそうです。

リオ五輪アジア最終予選開幕。運命の第1戦、北朝鮮戦は苦しみながらも前半5分にDF植田直通が上げたゴールを全員で守りきり1-0で勝利!MF中島翔哉のキープ力も光った。

1次リーグ第2戦U-23タイ代表戦 1月16日

先制点を決めた鈴木武蔵

日本が4-0でタイを下し、グループステージ2連勝。日本が全体の一番乗りで決勝トーナメント進出を決めた。

タイ戦の鈴木武蔵のゴールと今日の大島のゴール好き

鈴木武蔵髪型だけじゃなくてゴールパフォーマンスまでポグバだったのか

1次リーグ第戦U-23サウジアラビア代表戦 1月19日

前半31分、MF大島僚太(22=川崎F)がミドルシュートを決めて先制。後半8分にはMF井手口陽介(19=G大阪)が追加点。同12分にPKを決められ、今大会初失点したが、逃げ切った。

第2戦タイ戦から先発メンバー10人を入れ替えての勝利で「チーム全員で進んで、誰が出ても勝てるようになってきた。これからの可能性を感じる」。

サウジのプレーはひどかった 審判も最悪 日本、サウジ破り3連勝 サッカー男子U23:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASJ1M…

この世代って派手な選手いないイメージだったけど南野とか久保の世代だったのね〜自分の歳を痛感w 【サッカー五輪最終予選】日本、2-1でサウジに競り勝ち1次リーグ3連勝 22日に準々決勝 sankei.com/sports/news/16…

準々決勝 対イラン戦 1月22日

4強進出を懸けた大一番の相手は難敵イランに決まった。特に警戒が必要なのは背番号17のMFトラビだ。4-2-3-1の布陣で左MFを務める21歳は、既に同国のA代表でも7試合3得点を記録。

今回の五輪代表世代では日本は2012年U-19アジア選手権で0-2で敗れ、14年U22アジア選手権では3-3で引き分けている難敵だ。

イランは前線に能力の高い選手が多い。一方で、守備は守備ラインを高くして守るので、裏に大きなスペースがあり、そこを突かれるともろい。しかも組織的ではなく、割と淡泊だ。

これからは負けたら終わりの一発勝負。準々決勝イラン戦へ。手倉森誠監督は「しびれる試合になると思う。国民の後押しを感じながら戦いたい。一緒にしびれてください」と力強かった。

1 2 3





6daimessさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう