1. まとめトップ

バーベキューに体育館、保育所付に健康診断?最近のマンションがすごい・・・

マンションを買うときに気になるのが「そこでどういう暮らしができるか」ということ。共有施設は暮らし方に大きくかかわる部分ですが最近のマンションはすごいですね・・・・。

更新日: 2017年01月04日

1 お気に入り 4792 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

マンションを買うときに気になる共有施設

たとえばロビーはもう大規模マンションではあって当たり前のような共有施設(写真は豊洲のスカイズ タワー&ガーデン ~SKYZ TOWER&GARDEN~)

でもイマドキのマンションはそんなものじゃない!

多目的ルーム程度はよくききますが体育館。。。
写真は千葉県習志野の「ユトリシア」

出典suumo.jp

ブリリアシティ石神井台のスタディルーム。広さの限られた住居スペースにたまにしかつかわない書斎をおく必要もない。

なかでもすごいのが「ミリカヒルズ」&「ミリカテラス」(大阪)

キッズルームなんてものじゃない。入居者以外は通常料金ですが入居者は無料。

子供が大人同伴のもとお泊りができる、子供版のゲストルーム。

提供公園というよりはアスレチック。人気の高い施設。

そしてハードばかりではなくソフト面も

ブリリアシティ石神井台では「大人の家庭教師トライ」と提携し、ヨガや料理教室のプログラムを提供。

パークアクシス月島 マチュアスタイルではヨーグルトや焼きたてパン、コーヒーが無料で提供。
後片付けなしは嬉しいですね。

出典suumo.jp

パークホームズ流山おおたかの森 ザ レジデンスでは子育て支援プログラムとして理科実験などを行う。

武蔵野富士見 ザ・レジデンスは病院と提携。

共有施設の充実やプログラム提供にはマンション側のねらいもある

ゲストルームやキッズルーム、コミュニティルームなど、共用施設が充実しているのは大規模マンションならでは。

ですが大規模マンションは入居者が多いため、一般的に入居者同士でも互いに面識がない場合もあり、マンション内のコミュニティ形成が難しい傾向が見られます。

明海大学不動産学部の齊藤広子教授によると、「災害時の安否確認や助け合いが円滑に行われるためには、日頃から居住者同士が顔見知りであることが必要」だという。

大規模マンションで魅力的な共有施設を用意し、そこにソフトを提供することでコミュニティ形成をはかっている

「良好なコミュニティ」が生まれていないと、資産価値にも悪影響を与える可能性があります。たとえば、外壁などの大規模修繕を必要なタイミングで実施するには、事前に管理組合の中で活発に議論され、一定の合意形成が行われていなければなりません。

マンションを分譲した大手デベロッパーが管理会社と協力して、コミュニティ形成のサポートをする動きが広がっています。

1