1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

高額商品を売りつける!?ぼったくりアイドル「里咲りさ」って何者だ?

世の中には多くのアイドルが存在します。しかし活躍しているのは、ほんの一握りと言われています。そんな厳しいアイドルの世界でジワジワ人気が出始めている「里咲りさ」をご存じですか?彼女は「ぼったくりアイドル」として活躍しています。

更新日: 2016年01月21日

yasu27kさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
39 お気に入り 182868 view
お気に入り追加

▼世はまさに「アイドル戦国時代」

アイドル戦国時代の頂点に立つのはもちろんAKB48

AKB48やももクロなど人気アイドルが複数現れ、「アイドル戦国時代」が始まりました。今やアイドルはまさに百花繚乱

地下アイドルと言われる無名アイドルやロコドルまで合わせると、現在日本にいったい何組のアイドルがいるのかすぐには分からない

▼この厳しい時代にアイドルとして生き抜くには「個性」が最も重要

アイドルとしてこれと言った特徴がなければ、名前を覚えてもらうことすらできません。

▼そんなアイドルとしての成功が難しい今、興味深いアイドルがいる!

18歳で初ステージに立ち、その後舞台・読者モデル・女優活動を開始。当時の名称は「リサ」。

『少女閣下のインターナショナル』略称『少ナショ』の運営(スタッフ)にしてメンバーでもある。

里咲はグループの活動と並行してソロ活動も行っており、多彩な楽曲と振り切れたライヴ・パフォーマンスで人気を獲得。

▼今月27日には初の一般流通盤となるシングルが発売予定!

これまでライヴ会場での手売りや通販のみで音源を発売していた彼女が、初の一般流通盤となるシングル『R-and U』を1月27日に発売する。

シングルには「シャイガール戦争」「カタルカストロ」など代表曲を中心に全5曲を収録。タワーレコード限定で発売される。

▼里咲りさの特徴は歌やダンスではなく「ぼったくり」

たぶんほとんどの人が理解できていないと思いますが、「ぼったくり」です。


彼女はライブ会場で自身のグッズを驚くほどの高値で販売する「ぼったくり物販」をしているのです。

ぼったくり物販とはどういう意味かというと、グッズを高値で売るという商法のことです。

昨年12月に放送されたテレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」に“ぼったくり物販”で稼ぐアイドルとして出演

▼彼女の「ぼったくり物販」の内容がまさにぼったくり。

ライブステージで行われる物販は値段が以上なほど高く完全なぼったくり。

里咲りささんがステージ上で、「ぼったくり物販を始めまーす♪」というと、アイドルグッズの販売が始まります。

物販の内容は、原価800円のサイン入りハッピを2500円で販売したり、原価100円のタオルを1000円で販売する内容だが、ライブに来た客は喜んで買っていくとか。

ちなみに、里咲が500枚ほど自宅でCD-Rに焼いたフルアルバムは定価2300円で、これが全て売れると115万円の儲けになる。

●ネットではぼったくり物販がジワジワ話題になっている。

1 2





yasu27kさん

芸能ニュースやガールズニュースを中心にまとめます!興味のある方はお気に入り登録お願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう