1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

hiiro0517さん

▼まずは田邊氏の基本データ

田邊 昭知(田辺 昭知、本名:たなべしょうち 、1938年11月15日 - )は、日本の芸能プロモーター・放送作家、元音楽家・俳優。

田辺エージェンシー代表取締役社長。

元田辺昭知とザ・スパイダースのリーダー兼ドラマー・日本音楽事業者協会(JAME)会長。

ザ・スパイダースのメンバーは、

田邊昭知:ドラムス リーダー
加藤 充:ベース
かまやつひろし:サイドギター
大野克夫:キーボード
井上孝之:リードギター
堺 正章:ヴォーカル
井上 順 :ヴォーカル
前田富雄 :ドラムス

このジャケ写ではセンターで井上順と堺正章の肩に手をかけている人物。

田邊氏の最近の写真は検索してもほぼ見当たらない。あっても「別人でしょう」というものばかり。これは1984年11月号の雑誌「いんなあとりっぷ」に掲載された写真。右は対談相手のユーミンこと松任谷(荒井)由実。

愛称はショー坊(昭坊)、ショウちゃん(昭ちゃん)。

田邊昭知氏、経歴

高千穂商科大学付属高等学校卒業
1961年、「田辺昭知とザ・スパイダース」結成。
1966年、ホリプロダクションから独立。スパイダクションを設立する。
1973年、田辺エージェンシーに改称。
1991年、同事務所に所属していた小林麻美と結婚。小林は引退。
      小林との間に一男をもうける。

田辺エージェンシー所属タレント・アーティスト

研ナオコ
由紀さおり
タモリ
永作博美
堺雅人
RIP SLYME
道端ジェシカ
清水希香
夏目三久

過去には堺正章、かまやつひろし、井上順、萩原健一、THE ALFEEなどが所属。

▼エピソード①SMAP解散騒動に関わっていた田邊氏

ここで引用しているのは、週刊新潮による、「SMAP解散騒動」にまつわるジャニーズ事務所のメリー喜多川氏へのインタビューの抜粋記事。詳しくは1月28日号にインタビューが載っている。

生謝罪が行われる前、各スポーツ紙は〈木村を除く4人の独立には、大手プロダクションの後ろ盾がある〉という趣旨の記事を報じていた。芸能担当記者によると、

「大手プロとは、タモリなどが所属する『田辺エージェンシー』のことです。タモリが長年司会を務めた『笑っていいとも!』に、メンバー3人がレギュラーとして出演し、とりわけ中居はタモリとの親交が深い。その関係もあり、4人は『田辺』へ入ることが決まっている、との話が出回りました」

「昨年末、12月27日だったと思いますが、私の友人からの伝言で、田邊さん(昭知・田辺エージェンシー社長)が、私に『4人を元に戻してくれないか』と言ってらっしゃるのを知りました。

田邊さんによれば、中居に対して、あとの3人をきちんとまとめて、ジャニーズ事務所に挨拶に行くこと、そして、仲間が1人、ある意味ケンカみたいになっているのだから、木村にも謝ってきなさい、と既にきちんと伝えてあるとのことでした。そこで私は『では、それを待ちます』とお返事をしておいたのです」

SMAPマネージャーがジャニーズ事務所を出て行くのに合わせ、SMAPメンバーが分裂状態に→木村以外のメンバーは田辺エージェンシーへ移るという話になりかけていたようだ。しかし、田邊は4人では意味がないと思ったのか、中居・香取・草なぎ・稲垣の4人はジャニーズ事務所に戻るべきと考えて彼らを説得したらしい。

▼この時に中居サイドがすぐに謝罪に行っていれば事無きを得たかもしれない。が、実際には年末から1週間以上経っても音沙汰無しだったという

そこで、田辺エージェンシーに赴いたメリー氏。4人からの連絡がないことを伝えると、田邊氏は驚いていたという。

むしろ田邊さんから言われて『受け入れます』とお返事をしました。それなのに、誰も挨拶に来なかった。これははっきりとさせておきます」

結果、メリー氏、そしてジャニー喜多川社長に対して謝罪が行われたのは、1月17日午後11時――「SMAP×SMAP」放送の前日になってのことだという

ここからわかるのは、少なくとも田邊は中居ら&メリー双方に進言できる立場の人物ということ。

▼エピソード②タモリを売り込んでテレビに露出させた田邊氏

70年代半ば、マニアックな芸風からか、なかなか所属事務所が決まらなかったタモリだが、知人の紹介で田辺エージェンシーに所属。

1 2