1. まとめトップ

ショートが似合う顔の法則『5.7センチルール』とは?

ショートヘアにしたいけど似合うかどうか不安…実は、簡単に確かめられる方法があるんです。

更新日: 2016年01月22日

26 お気に入り 121820 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

marinerisさん

ショートヘアにしたいけど…

髪の毛ショートにしたいけど、似合うかどうか不安

ショートにしたいけどなかなか切る勇気がでない(゜ヮ゜)

髪を伸ばしているといつもショートにしたい衝動に駆られますが、似合うかどうか不安で結局いつもの長さに…ってこと多くないですか?

女性の場合、一度髪を短くしてしまうと、髪の長さを取り戻すのに長い時間がかかってしまいますから、髪を切る決断は慎重になる傾向がありますね。

英紙デイリー・メールによれば、英国の美容業界で信じられている「ショートヘアが似合う顔の法則」があるそうで、それを使えば一般の人々でも自分はショートが似合うかどうか見極められるという。

5.7センチルール

イギリスの有名ヘアスタイリスト“ジョン・フリーダ”氏によって生み出された、ショートカットが似合うかどうか簡単に見分ける方法。

2.25インチ(5.7センチ)ルールと名付けられたこの法則は、耳の下から顎の一番低い部分までの距離が

“5.7cm以下”の人はショートが似合う
“5.7cm以上”の人はショートが似合わない

というすごく単純なルールです。

測り方は、顎の一番低い部分に横向きに鉛筆をあて、耳下からまっすぐに定規を下ろして、鉛筆と定規が垂直に交わる点までの距離を計測すればOK。

ジョンはショートが似合うかロングが似合うかどうかを決めるために、いくつもの顔を研究し、アゴの骨の角度を調べた。そして彼は正確で簡単、かつ明らかにその顔がショートとロングのどちらが似合うかがわかる測定方法にたどり着いたのだという。

逆に2.25インチ以上であれば、ロングが似合う顔だということになります。
「Sex And The City」のサラ・ジェシカ・パーカーとかが2.25インチ以上らしいですね!

なるほど、言われてみれば日本でも面長な輪郭の女優さんほど、ロングヘアの人が多い気がする。

全員がこれに当てはまるとは限りませんが
一つの指標として考えると
おもしろい法則ですよね*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ✩‧₊˚

日本でも美容師さんの間ではすでに参考にされている方も多数いるようです。
今までショートヘアに挑戦したくても中々できなかった方は一度測ってみると良いかもしれません。

1