1. まとめトップ

え!?これが原因だったの!?LINEトーク流出原因まとめ

最近何かと話題のゲス川谷とベッキーのlineトーク流出不倫疑惑 一体どのようにして漏れでいるのだろう...??

更新日: 2016年06月20日

3 お気に入り 160066 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mu_saanさん

まずLINE(ライン)って?

画像のようにメッセージを送ったり、通話をすることが可能。

LINEとは韓国最大のIT企業「NHN」の日本法人「LINE株式会社」が提供している スマートフォン(iPhoneやAndroid)、ガラケー(フィーチャーフォン)、パソコンに対応したコミュニケーションアプリケーションです。

メールよりも手軽にメッセージが送りあえる、チャットのような機能をもつアプリ!
チャットの他にも、電話(無料)やスタンプなどの機能もある

で、LINEの安全性はどうなの??

「SOC」は、Google、Microsoft、Amazonなどのサービスも取得している。

個人情報管理の安全性を示す国際認証3種を取得
LINEは2013年3月29日、サービス全般のセキュリティ性、可用性(壊れにくさ)、処理の整合性、機密性、個人情報保護の面で信頼できるということを客観的な機関によって認められたと発表した。

具体的には、情報処理サービス関連の内部システムについて「SOC 2」「SOC 3」「SysTrust」という認証(保証報告書)を同時に取得。これらは、米国公認会計士協会とカナダ勅許会計士協会が制定した5つの基準に基づき、独立した外部の監査機関が検証を行った結果、付与されたという。

LINE登録時にアドレス帳という個人情報を送信するか求められるため、安全性について気になるユーザーも少なくないだろう、しかしlineはユーザーから送信された情報を暗号化して保存するソフトをサーバ―に組み込んでいる。さらに、暗号を解読して元の電話番号に復元するソフトなどはないため、万が一情報の漏洩が起こっても、第三者に知られたり推測される可能性は低い

つまり、LINEサーバーのハッキング等の可能性は低いというわけか、、、mmm

じゃあ、何で今回トーク内容漏れてんのさ!!!

可能性① 遠隔操作アプリがスマホに仕組まれている。
スマホがAndroidであれば、遠隔操作アプリが使われている可能性も。一度はスマホを触って遠隔操作アプリを忍び込ませ、その後はパソコンからアクセスして監視する。ただしスクリーンショットを撮るにはroot化が必要だと思われ、かなり難易度は高め

可能性② スマートフォンを直接触って画像を取り出す
親しい友人等が、スマートフォンを直接触って、画像を取り出すパターン。LINEを開きスクリーンショットを保存。パソコンに接続してスクリーンショット画像を抜き出すという方法なら、数分程度で済むだろう。

これは、考えたくないなぁ、、、

可能性③ 古い機種から流出(過去のトーク内容)
LINEはログアウトという概念が無いため、LINEがインストールしてある限り中身が見れる
つまり、機種変して新しいスマホにLINEアカウントを移行した際に古い機種のLINEを削除しなかったため、古い機種に残っているLINEアプリから中身を閲覧された可能性

なるほど、、、機種変の際は注意が必要だな、、、

可能性④ iPad版LINEでアクセスする
条件としてLINEに設定しているメールアドレスとパスワードがわかり、かつ一度はスマホを手にする必要がある。iPad版のLINEからメールアドレスとパスワードでログインし、スマホ側のログイン通知を消去すれば、発覚する恐れが少ない。
PC版の場合は、起動の度にログイン通知がスマホ側に表示される。そのためスマホの持ち主に気付かれてしまうだろう。
それに対してiPad版は、最初こそ通知されるものの、基本的にはログインしたままになると思われるので、通知が出ないと推測できる

第三者が何かしらの形で、スマホを手にしていなければ流出の可能性は低い
しかし、裏を返せばLINEをインストールしている自分のスマホを他人に貸した時点で流出する可能性はグッと高まるといえる

LINEは危険???

電話番号を変更すると見ず知らずの人とも繋がってしまう!

一覧で表示される友だちの中に、明らかに名前と写真が異なっていることってありませんか?
それは友だちが以前使っていた電話番号を解約し、別の人がその番号を引き継ぎLINEを使っているということ。
つまり、電話番号の変更により全く知らない人とも簡単に繋がれてしまうのです。これにより個人情報の漏洩やなりすまし被害などに遭うという事例が数多く報告されています。

出会い系サイトやアプリによる被害

別のサイトやアプリで知り合った見ず知らずの人とLINEで連絡を取り合うことで、青少年が事件に巻き込まれるという被害が多発しています。
トークの中で個人情報をしつこく聞いてきたり、怪しい話を持ちかけてくるなど危険なアクションを起こしてきた人には注意が必要です。

LINEの運営会社は利用規約に
「もし情報が流出しても責任は一切取らない」と記載している!
つまり、情報が流出しても利用者側の自己責任というわけ

おぉ、、、これは気を付けないと、、

何か対策はないの??

①設定の見直しを行う

友だち追加設定で「友だち自動追加」をかならずオフにしましょう。
これをオンにすると自動的に知り合いの個人情報をばらまいてしまいます。

②知らない人からのメッセージや電話はブロック

よくわからないLINEのメッセージや番号は絶対にブロックしましょう。

③インターネットを介したID交換は絶対やめる

ネット掲示板・チャットルームなどでLINEのIDを交換するのは絶対に避けましょう。
あなたのプロフィールを通して様々な危険が迫る可能性があります。

今回はLINEについての記述ですが、LINEに限ったことではなく、カカオトークやSkype,twitter,Facebookといった他のSNS等でも同様の注意が必要です。
SNSの利用は慎重に...!!

1