1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

tamayuriさん

第5位 ケルン大聖堂(ドイツ・ケルン)

ケルン大聖堂はドイツ・フランクフルト空港から鉄道でおよそ1時間のケルンの町にある世界遺産の教会です。
ケルン大聖堂のすごさは632年の歳月(サグラダファミリアは144年を予定)をかけて造られた大きさと細部のディテールの細かさにあります。

何と言っても、ものすごい迫力で、圧倒されました。

一生に一度は行きたい

第4位 聖ヴィート大聖堂(チェコ・プラハ)

プラハ城の中でもっとも規模が大きい建物、聖ヴィート大聖堂。
プラハだけでなく、代々のボヘミア王が眠るチェコ国内で最も大きく重要な教会です。
遠くからも見える塔はプラハを代表する景観のひとつになっています。
チェコ出身画家ミュシャが手掛けたステンドグラスもあります。

プラハに行ったら絶対行かなくてはならない場所

ステンドグラスを通った光が七色に空間を照らしているのです。
考えただけでも素敵ではないでしょうか。

1 2 3