1. まとめトップ

そば打ちでそばが切れる7要因

蕎麦打ちを趣味でされてる方にとって困るのが、蕎麦が切れて短くなってしまうこと。その原因をいくつかまとめてみました。

更新日: 2017年02月17日

4 お気に入り 58247 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

neverwaveさん

趣味で蕎麦打ちを始めてみたけど・・・

茹でるとおそばが切れて麺になってない!

同じ悩みの方は多いはず。

切れてしまう原因。いくつかあります。

○蕎麦粉が乾燥している

練習用だからと安いそば粉を使っていたのが良くなかったようです。
手打ちそば屋さんでそば粉を分けてもらい打ってみたら、我ながら信じられないほどきれいに打てました。

安い蕎麦粉や、スーパーに売ってる蕎麦粉は古かったり、乾燥しているものがあります。
できるだけ、手打ちのお蕎麦屋さんで分けていただきましょう

○つなぎが少ない

初心者にはそば粉100%は難しいため、小麦粉を2割加えた「二八そば」がよい。

十割そばを打ちたい気持ちはわかりますが、初めからは難しいです。小麦粉を二割、三割くらいから始めると、つながりがよく切れにくくなります。

○水分量が少ない

蕎麦打ちに慣れないときは、捏ねるときも時間がかかり、延しの時間もかかります。

そうすると、どんどん水分が蒸発して、端のほうから亀裂がはいり、切れやすくなります。

ですので、加水量は、少し多めにいれると上手くきます。

○こね方が不十分

しっかりと捏ねてみよう。
     こねは少なくとも5分以上は続けること。

玉の中の空気を抜くようなイメージ 全体がしっとりツヤがでてきたら完了である。

こねが不十分だと、水が回っている部分とそうでない部分ができ、そこからヒビ割れてしまう。こねてない部分がないように手早く入念に行いましょう。

打ち粉が少ない

折り目に打ち粉を多めに振って、
折り目が鋭角にならずrになるようにクッションを作る

打ち粉はもったいぶらずにたっぷり振りましょう

全体的に時間がかかる

慣れていないと、素早くそばを打つことは難しいでしょうが、あまりに時間がかかりすぎると生地が乾燥してきます。早く打つことを心がけましょう。

茹でるときに切れる

沸騰したお湯に蕎麦を入れ、鍋底にくっつかないように蕎麦を掻きほぐす。混ぜすぎると蕎麦が切れる原因となります。

コツは、たっぷりのお湯で茹でること
一人分づつ茹でましょう
大きなお鍋だからといって数人分まとめてゆでると、くっついてダマになってしまいます。

面倒でしょうが、一人分ずつ茹でましょう。おいしいお蕎麦はもう少しです!

いかがでしたか?あなたに当てはまる原因はありましたか?

あきらめずに、おいしいおそばを打ってくださいね!

1 2