1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

minsa0106さん

妊娠検査薬は、受精卵が子宮に到達して「着床すると」分泌されるhCGホルモンというのが、尿中に溶け出ているかどうかを検出します。

なのでまず基本的に、病気、食べたもの、体調(熱など)が検査の結果に影響することはほぼないといっていいでしょう。

まずは、基本の見方

図1の場合、陰性。

図2の場合、陽性の可能性が高いので数日後再検査。
図3の場合、陽性。病院へ。

図4は、エラー。正しく検査ができていない(尿が少ないなど)か、検査薬の不良品の可能性が高いのでもういちど新しい検査薬を使って検査しましょう

完全に陰性の場合、こんな状態になります

基本的に、どの検査薬でも真っ白です。
特に「ドゥーテスト(最後の画像)」の陰性は、本当に目を凝らしても何も見えないほど真っ白な場合が多いそう。

しかし、陰性でも妊娠している可能性は0ではありません。

妊娠検査薬の使い方を間違えると、妊娠しているのに陰性が出てしまうことがあります。

特に、フライングをしている場合。

妊娠検査薬は、いずれも「生理予定日の1週間後以降」で使用できるものがほとんどです。妊娠かどうかを判断するので、ソワソワして焦ってしまいがちですが、使用の際は説明書をしっかりと確認した上で、フライングに注意して正しく使うようにしてくださいね。

陽性の場合このようになります。

どの検査薬でも、基本的にはっきりくっきりと線が出ています。

市販の妊娠検査薬はかなり精度が良いです。病院で「妊娠検査薬はやりましたか?」と聞かれ「はい、陽性でした。」というと病院での尿検査はやらないくらい信頼度があるものです。検査薬で陽性がでたら妊娠は確定です。

しっかり濃い陽性反応(濃い色の線)がある場合は、90%以上の確率で妊娠しています。
検査薬は正しいことがほとんど。

しかし、陽性反応が出ても病院に行くまでは分かりません。

検査薬で陽性が出たのに、病院では妊娠反応ナシ(つまり妊娠はしていない)と出た友人いますよ。そのときの体調や、使い方にもよるんじゃないでしょうかね。

決め手は、「性行為から3週間後」の検査!

だいたい、排卵の3週間後くらいの時期(以降)が、検出に充分な量の分泌があるとされています。

逆に、整理周期が安定している人で、性行為から3週間後(=整理予定日から1週間後)に検査してもはっきりと陽性が出ない場合は妊娠していない可能性が高いです。

100%ではありませんが、たいていは3週間後に陰性なら妊娠はしていません。陰性であれば、妊娠はしていないと考えていいですよ。

二週間後からでも検査は可能ですが、確実性が薄くなります。いわゆる、「フライング」です。ですが、生理予定日から4,5日後でもまあまあ確実な検査ができるそうです。
その場合、陽性なら信じてもいいですが、陰性の場合は2,3日後にもう一度検査しましょう。

整理予定日から1週間後、もしくは性行為から3週間後から病院へ。
それ以前に病院に行っても、医者も確実にはわからず「また来てください」と言われてしまいます。

フライングの結果は以下の通り。

出典yaplog.jp

終了線がはっきり出た場合だけ有効です。

1 2 3