1. まとめトップ

古くなった肌が新しい肌に生まれ変わる♡フラクセルレーザーについて

色素沈着・ニキビ跡・クレーター・毛穴の開き・赤ら顔・シミなど、あやゆるお肌の悩みに効果があるという「フラクセルレーザー」についてまとめました。美容クリニックでしか受けられないエイジングケアで憧れのベビースキンへ♡

更新日: 2016年01月29日

noagcrnoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 5002 view
お気に入り追加

効果すごい!話題のフラクセルレーザーについてTwitterの声

毛穴には断然フラクセルというレーザーがオススメ。まず化粧崩れしにくくなるし、皮脂分泌過剰の人はかなり軽減する。4回ぐらいは必要。ニキビ跡にもいいけど、相当回数かかる。毛穴はわかりやすい!

早くフラクセル打ちたいよ〜その前にジェネシスがあるから、それが終わるまでの辛抱

フラクセルやった子の肌、毛穴がしまってすごくきれいになっててうらやましかった。ピンッて張ってたしね。ただ、ダウンタイムが怖すぎるのが難点(;_;)フランケンシュタインみたい。

てむちゃんのお肌のきめ細かさ、つれぇ・・・ フラクセルやろうかな・・と思わずにはいられない

もともと見かけが若い母親だけど、フラクセルは数回やるとかなり綺麗になる。 ママ58歳だけど50代には見えない。まぁスタイルいいのもあるけど

フラクセルレーザーとは

このフラクセルレーザーは、しわ、たるみ、しみ、くすみ、キメの乱れや毛穴の開きの悩みをレーザーで解決でき、今までのレーザー治療に比して、より効果は劇的といえます。

表皮上層〜中間層に至る組織に、フラクセルは直径30〜50マイクロメートルという微小なスポットで熱ダメージを与え、熱ダメージを受けた組織の周囲にある正常な組織から急速に再表皮化させます。これにより、自身にある皮膚再生力を高め、皮膚を生まれ変わらせます。

1回の治療でも照射部位の約10~15%が新しい肌に入れ替わります。
さまざまなスキンタイプに応じて照射密度やエネルギーレベルを設定できるので、あらゆるスキントラブルに対応可能なレーザー治療です。

くすみ、色素沈着、小じわ、たるみ、ニキビ跡、毛穴の開き、傷跡・火傷跡などのあらゆるトラブル肌そのものを入れ替えて、トータル的な皮膚の活性化を目的としています。

フラクセルによる肌再生のメカニズム

【レーザー照射〜1時間後】レーザーを点状に照射すると、その部分のみが小さなダメージを受けます。

【6〜8時間後】ダメージを受けていない周りの部分が皮膚の再生を助けます。

【24時間後】皮膚が再生し、皮膚に潜んでいたメラニン色素を含む古い角質がミクロのかさぶたとなります。

【4〜14日後】かさぶたは、数日~1週間程で自然にはがれ落ちます。真皮では長期的にコラーゲンが再生成され、肌全体が健康で若々しい印象に変化していきます。

こんな人におすすめ!

肌を徹底的にキレイにしたい

日常生活に支障なく施術したい

でも・・・痛いの?ダウンタイムは?

痛みが強いため必ず麻酔が必要です。麻酔クリームが用いられる場合は浸透するまで最低でも20分、長くて1時間を要すので、治療には時間的余裕を持っていきましょう。ちなみに麻酔をしても、痛みを感じる場合があります。

クリニックごとに麻酔の工夫があり、クリニック次第ではほぼ痛みを感じずに済むようです

治療後は、少し日焼けのような赤みや熱感を伴う場合があります。オリジナルの冷却法で肌のヒリヒリ感を落ち着かせます。

赤み、腫れ。ひどく日焼けをしたような赤みと肌のザラザラと皮膚の剥離が数日~1週間前後続きます。

赤みはファンデーションで隠すことができるようですが、肌がザラついているということは、ファンデの「のり」が悪いと思っておいた方がよいでしょう。3日はファンデーションはしない方がいいと思います。

フラクセルレーザーのリスク・デメリット

1 2





noagcrnoさん

美容関係を中心にまとめます