1. まとめトップ

巨人・阿部慎之助も採用した、脈拍数ダイエットの効果とは

巨人・阿部慎之助も採用した、脈拍数ダイエットの効果とは

更新日: 2016年01月23日

えぴたふさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 54 view
お気に入り追加

脈拍数ダイエットの効果

巨人・阿部慎之助内野手(36)が20日、自主トレのために春季キャンプ地の宮崎に入った。昨季終了後から取り組む「脈拍数ダイエット」の効果もあって、早くも97・5キロのベスト体重に到達。順調な調整を証明したが、その半面、右ふくらはぎ、右太もも裏など故障に悩まされた昨季の反省を踏まえ、超スローペースで仕上げると宣言した。

脈拍数ダイエットとは

有酸素運動は痩せてくれる運動方法としていてこれはかなり知られています。
なので有酸素運動をして痩せようとしている人はとても多いのですが、実際にこの有酸素運動をしていても痩せない場合があります。

せっかく忙しい時間をとって運動するのなら、脂肪燃焼効果を高くする方法を知りたいですよね。

その秘訣は、心拍数にあります。

有酸素運動は文字通り、酸素と体内に取り込むエクササイズですので、たくさんの酸素を使えば、体内にある脂肪もたくさん燃やされます。

ですので、できるだけ心拍数の高い状態を長く維持できれば、効果的に脂肪を燃焼させられるという事です。

もっとも脂肪燃焼の効率がよい心拍数は「カルボーネン法」で割り出します。

目標心拍数=運動強度×(最大心拍数-安静時心拍数)+安静時心拍数

運動強度は1.0が全速力で走る状態だとすると、ジョギングの強度はだいたい0.5~0.8です。

最大心拍数は、220 – 年齢 ですので、30歳だと、最大心拍数は 220 – 30 = 190 になります。

安静時心拍数の平均が65くらいだとすると、

0.5 x ( 220 – 30 – 65 ) + 65 = 127.5
0.8 x ( 220 – 30 – 65 ) + 65 = 165

になりますので、心拍数127.5 ~ 165が脂肪燃焼効果が高い心拍数ゾーンという事になりますね。

1





えぴたふさん