1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

【ちゃんと使ってますか?】洗濯ネットの重要性まとめ

意外と知らない人がいる?洗濯ネットを使うことで大切な洋服が長持ちします!

更新日: 2017年11月06日

474 お気に入り 145742 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ritaihakuさん

なんで洗濯ネットを使うの?

洗濯機の中で服は絡まってしまいます。
それによって服が伸びてしまったり、ボタンが引っ掛ってほつれてしまったり・・・

服は洗うたびにどんどんボロボロに・・・

そこで重要なのが「洗濯ネット」!

服の型崩れ、糸くずの付着、色落ち・・・洗濯をすることで起きてしまう様々なデメリットを防げます!

ネットに入れておけば、万が一ティッシュや紙を洗濯してしまってもトラブルの被害は少なくなります。

プロのクリーニング店でも洗濯ネットは大活躍し、欠かすことのできない存在となっています。

どんな服を洗濯ネットに入れればいいの?

基本的にネットを使うよう指示のある服は必ずネットに入れましょう!

ニットは型崩れしやすいだけではなく、
他の洗濯物も毛糸で汚してしまう恐れがあります。

ゆるめのセーターを普通に洗濯してしまって、伸びて着れなくなった。

ニットが動いて揉まれることによってニットのほつれや縮んだりする原因にもなります。
ネットも洗うニットの大きさに合ったネットを選ぶようにしましょうね。

ビーズやボタン、細かい刺繍などは他の洗濯物と混ぜてしまうと擦れて剥がれ落ちてしまう恐れがあります。

プリント、刺しゅう、ラメや飾りが付いた衣類は、裏返してから洗濯ネットに入れましょう。

ビーズ、スパンコールなどの装飾を、洗濯中に起きうる破損、損傷から守ります。

生地の薄いものは他の洗濯物と擦れて伝線してしまったり、もっと薄くなってしまいます。

干すときにひっかかって伝線しないよう、ネットに入れたまま干しましょう。

ストッキングや下着などのデリケートなものは積極的に洗濯ネットを活用しましょう。

色の濃い服は色落ちしてしまうだけでなく、他の服まで染めてしまいます。

完全に色移りすることは防げませんが、擦れによる色移りがなくなるため、洗濯ネットに入れたほうが良いでしょう。

お洋服同士の接触を防ぐため、濃色のお洋服を洗濯ネットに入れて洗うのも効果的です。

たとえマジックテープ同士をくっつけておいても、隙間から他の洗濯物にくっついてしまったり、ごみが絡まってしまったりとなかなか厄介です。

しかも、マジックテープの破壊力はジーンズをも引き裂くほど!?

ダンナの作業着 マジックテープが使われているので 必ずネットに入れます。
マジックテープって ゴミが絡まったり 靴下が引っ付いて毛羽立ったり 困り者です。

ネットに入れて洗濯したものの、テープ同士をきちんとくっつけて入れなかったので、今度はネットを破壊されました。

他の洗濯物を縛り上げてしまい、うまく洗えなかったり、紐が切れてしまう恐れがあります。

長袖の服や、ひもや留め金の付いた服をたくさん洗うと洗濯物同士が絡まってしまってほぐすのに一苦労。そんな経験ありませんか?こういう服は洗濯ネットに入れて洗いましょう。

長い物は全部入れましょう~
と言いながら私も時々ネットに入れ忘れた主人の長い袖と格闘して
イライラしているのでした。

使い分けだって重要!洗濯ネットのアレコレ

大き目の衣類を洗うときに活用できる。

摩擦や絡みつきを抑えてくれます!

1 2