1. まとめトップ

で、でかい…!!!プロレスを彩った世界の大巨人プロレスラー達

ジャイアント馬場、アンドレザジャイアント…プロレスには様々な個性的なプロレスラーが居ますが、その中でもより体のでかい、巨人レスラーについてまとめてみました

更新日: 2020年01月15日

2 お気に入り 15354 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tinkonさん

本名・旧リングネーム:馬場 正平(ばば しょうへい)。血液型O型。全日本プロレス代表取締役社長・会長、NWA第一副会長を歴任した。
身長209cm、体重135kg。リングネームは、初渡米武者修行中の1961年、ニューヨークのプロモーターであったビンス・マクマホン・シニアが「ババ・ザ・ジャイアント(Baba the Giant)」と命名したことに由来する。
日本プロレス界史上最大の巨体を持ち、力道山、アントニオ猪木と並ぶビッグネームでもあり、コマーシャルやテレビ番組などでも人気を博し現役時代はNWA世界ヘビー級王座に3度就いた。
得意技は16文キックと河津掛け落とし、脳天唐竹割りチョップなど

身長 223cm
体重 236kg(全盛時)
1946年5月19日生まれの大巨人
圧倒的な体格もさることながら、アームロックなどのレスリングテクニックでも観客を惹きつけることができる巨人レスラーとして、世界各地で活躍した。
得意技はボディ・プレス
ヒップドロップ
ヒッププッシュ
フロント・ネックチャンスリー・ドロップ
ハイアングル・ボディスラム
エルボー・ドロップ
カウンターキック
ネックハンギングツリー
ツームストーン・パイルドライバー
ヘッドバット
ベアハッグ
ショルダー・ブロック
ジャイアント・ボンバー
クローなど

元はアルゼンチンバスケットボール代表だったが、後にプロレスラーになった
日本では、大巨人アンドレ・ザ・ジャイアントを超える長身から「超巨人」、またプリモ・カルネラのニックネーム「動くアルプス」にあやかり、南アメリカ出身であることから「動くアンデス」などの異名で呼ばれた。
身長 231cm
体重 197kg
1966年1月31日生まれ
得意技は チョークスラム
ブレーン・クロー
オーバーヘッド・チョップ
ビッグ・ブーツなど

本名はポール・ワイト誕生日は1972年2月8日
アメリカ合衆国のプロレスラー。サウスカロライナ州エイキン出身フロリダ州タンパ在住。WWE所属。
WCW在籍時にはザ・ジャイアントのリングネームで活動していた。その体の大きさで有名なレスラーで、身長213cm、体重200kgの体躯を誇り、世界最大のアスリートや、大巨人の異名を持つ。 得意技はチョークスラムという相手の首を掴み、そのまま頭上へ持ち上げ、地面に叩き落す技

誕生日は1963年7月21日ブラジルのプロレスラー、総合格闘家。元バスケットボール選手。サンパウロ州サンパウロ出身。フリーランス。
格闘技界史上最大の選手というギミックを持つが、バスケットボール選手時代の登録身長は219cmである。また、「格闘技界」にプロレスを含めた場合、これより大きな公称身長を標榜した選手は複数いる。
もう一人の巨人、グレート・シンとタッグを組んでいた
得意技はチョークスラム

誕生日は1972年8月27日 インドのプロレスラーである。インドのヒマーチャル・プラデーシュ州出身。新日本プロレスではジャイアント・シン、WWEでザ・グレート・カリのリングネームで活躍している。
カリ・ヴァイス・グリップ
相手の頭を両手で挟みこむアイアンクロー
バンジャーブ・プランジ(カリ・ボム)
ダブルハンドチョークスラム(両腕を使ったチョークスラム)。手を持ち上げ、そのまま相手をマットに叩き付ける技。
脳天へのチョップ
レッグドロップ
スピンキック
ビッグブーツ
ヘッドバットなど

ジャイアントシウバとグレートカリ(当時はジャイアントシン)は、テレビ朝日の深夜番組トゥナイト2に、当時新日本プロレスの所属選手であり、チーム2000のリーダーの蝶野選手が
引き連れて出ていましたね。
一発屋で終らず活躍(特にグレートカリが)してくれてうれしいですね。

1