1. まとめトップ

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)とは・・・

この資格には2つのレベルがあります。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)には、スペシャリストレベルとエキスパートレベルの2つのレベルがあります。

まず、スペシャリストレベルについて

スペシャリストレベルは、基本的な機能をよく理解し、一般的なビジネス文書や計算表などを作成し、その変更・印刷等の作業を行うことができるレベルです。

次に、エキスパートレベルについて

エキスパートレベルは、基本的な操作方法を理解した上で、用途や目的に応じて、環境設定・データ有効活用等の高度な機能を駆使した作業を行うことができるレベルです

受験資格・試験内容などについて

受験制限はなし、誰でも受験できます。
試験形式は、会場に用意されているパソコンを使っての実技試験のみ。筆記試験はありません。
試験は毎月実施されているので、ご都合に合わせて受験されると良いでしょう。

受験から資格認定までは、Microsoftから委託された株式会社オデッセイコミュニケーションズが行っています。

試験は一斉試験と随時試験があります。
随時試験のほうが人気があります。
随時試験では 全国約1700箇所の提携している試験会場で申し込みや試験を受けることができます。

取得メリットについて

世界で約200の国と地域で実施されている国際資格になりますので、国内での企業認知度も非常に高くなっています。

MOSの資格が役立つのは、IT関連の企業だけではありません。
事務職が代表的な例ですが、一見関係がなさそうな接客業を希望する場合でも大いに役立ちます

IT関連企業だけではなく様々な職種において有利な資格であるようです

1





i01yoshiさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう