1. まとめトップ

ついに新型「iPhone」・・・発売開始!!!

2017年9月22日に発売となった「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」。さらにシリーズ最上位機種となる「iPhone X」が11月3日に発売されました。

更新日: 2018年01月05日

3 お気に入り 8915 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

サマリさん

新型3機種の共通点

3機種ともに、業界屈指のパフォーマンスとエネルギー効率を提供するチップ「A11 Bionic」を内蔵。高耐久ガラスで背面を覆うデザインを採用し、周囲の光に合わせて画像をより自然に表示する「True Toneディスプレイ」機能を搭載。

「iPhone X」の特徴

1. ディスプレイが高精細

iPhone Xの色再現の正確さを際立たせているのは、Appleが独自に開発したディスプレイの色調整技術です。iOSがシステム全体の色彩を統括しているほか、パネルに対し「工場で個別に色彩とコントラスト精度の調整をかけている」ことが、iPhone X用のOLEDパネルを製造するSamsung製スマートフォンよりも色彩を豊かに表現できている秘訣とのことです。

2. カメラが高性能

iPhone Xの望遠カメラの焦点距離は6mmで35mmフィルム換算だと52mm相当と、さりげなく焦点距離が短くなっている。でもその代わり、F2.4とレンズがちょっと明るくなり、光学式手ブレ補正がついた。
1200万画素でF1.8で光学式手ブレ補正内蔵だ。これはiPhone 8系と同じで焦点距離は4mm。35mmフィルム換算では28mm相当。

iPhone Xの望遠カメラの焦点距離は6mmで35mmフィルム換算だと52mm相当と、さりげなく焦点距離が短くなっている。でもその代わり、F2.4とレンズがちょっと明るくなり、光学式手ブレ補正がついた。
1200万画素でF1.8で光学式手ブレ補正内蔵だ。これはiPhone 8系と同じで焦点距離は4mm。35mmフィルム換算では28mm相当。

3. 顔認証システムを搭載

Face IDは、赤外線で顔の輪郭や凹凸を読み取り、本人かどうかを判断する。これまでのiPhoneは指紋を使った認証システム「Touch ID」を採用してきたが、それにかわる生体認証がこのFace IDだ。

4. ホームボタンがない

5. 価格が高い

2008年に日本で発売されたiPhone3G(8GB)の価格を見てみると、199ドル(2万1000円)。それからiPhoneの価格は一貫して上昇している。スペックの差はあれど、初代iPhoneの発売当時と比べればかなり高価格になっているのは事実だろう。

1