1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

まさかの“狩猟トレ”。巨人中継ぎ陣が妙なトレーニングしてた!?

巨人の中継ぎ投手『スコット・マシソン』投手の知られざる趣味はなんと…『狩猟』なのです。そんなマシソン選手と巨人の若手中継ぎ投手達がまさかの“狩猟トレ”を行った!?野生動物との勝負の中で『集中力』に磨きをかけた!?『戸根千明』投手と『高木勇人』投手、そしてマシソン投手の2016年の活躍に期待です。

更新日: 2016年02月15日

shimikeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
21 お気に入り 38853 view
お気に入り追加

巨人の中継ぎ投手『スコット・マシソン』

2012年から巨人で活躍中の『スコット・マシソン』投手。
2013年に最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得、勝利の方程式の一角として奮闘しています。

長身からオーバースローで投げ下ろし、最速160キロの剛速球を持つの直球が武器の速球派投手です。

日本通算成績は230試合登板で13勝16敗42セーブ84ホールド、防御率2.30。

巨人のスコット・マシソン投手が来季も残留することになった。マシソンは2012年に巨人入りし、勝利の方程式の一角として奮闘。来季が来日5年目となる。

マシソン投手の知られざる趣味はなんと…『狩猟』なのです。

マシソン投手の知られざる趣味はなんと…『狩猟』なのです。
ジャイアンツファンの中では有名かもしれません。

毎年、オフに趣味の狩猟に出かけ、獲物の七面鳥やワニの肉を好んで食べるそうです。

熊や鹿、野生の豚なども狩りに行くといいます。

ハンティングが趣味で獲物の七面鳥やワニの肉を好んで食べる

オフは趣味のハンティングで野生の豚を3匹仕留め、自分でさばいて自家製ソーセージを家族や友人に振る舞ったという。

毎年、オフに趣味の狩猟に出かけ、今年は熊狩りに挑んだが「5日間、山にこもったけど、熊は捕れなかったんだ。鹿や豚は捕れたんだけど」。

そんなマシソン選手と巨人の若手中継ぎ投手達がまさかの“狩猟トレ”をしているらしい?

そんな狩猟が趣味のマシソン選手と巨人の若手中継ぎ投手達がまさかの“狩猟トレ”をしているらしい?

それって効果はどうなの?

マシソン選手とともに“狩猟トレ”を行ったのは『戸根千明』投手と『高木勇人』投手

巨人・戸根千明投手はルーキーイヤーながら一軍でほぼシーズン通して活躍。中継ぎとして46試合に登板し1勝1敗、防御率2・88の成績を挙げました。

12月上旬から約3週間、米フロリダ州へ単身渡米。マシソン投手のゲストハウスを借り、毎朝早朝5時からのウエートレーニングに加え、マシソンの私有地で人生初の狩猟も体験しました。

“狩猟トレ”では、ここぞの集中力を鍛錬した。マシソンに連れられ、狩りに成功。約5時間息を潜め、大きな黒豚を仕留めた。

休日にマシソンの私有地で狩猟を行い「心」を鍛えた。初体験にして一発で豚を仕留めた左腕は「こうやって人間は生きてるんだなって思いました。ご飯に対してありがたみがでました」と食物連鎖を実感した。

高木勇人選手は2015年に巨人に入団。
春季キャンプから猛アピールし1軍枠どころかローテを勝ち取ると、開幕1カ月でいきなり4勝を挙げ3・4月度の月間MVPを獲得。最終的に26試合、9勝10敗、防御率3.19でシーズンを終えました。

1月に入ってから10日間、米フロリダ州のマシソン宅で合宿。
狩りに、これまた戸根に続いて挑戦したそうです。

今月上旬、高木勇は自分でチケットを手配し、人生で初めて渡米。戸根に続いてフロリダのマシソン邸に泊まり込み、10日間の合宿生活を送った。そこで、思わぬ発見があったという。

狩猟免許を持つマシソンの私有地で、助っ人右腕の趣味である狩りに、これまた戸根に続いて挑戦。待ち続けること2時間、物陰から突如ターキーが出現した。千載一遇のチャンス。しかし、わずかな物音に気づかれ、結局は収穫ゼロに終わった。

野生動物との勝負の中で『集中力』に磨きをかけた“狩猟トレ”。

物陰で獲物を我慢強く待ち、1発で仕留める“狩猟”で『集中力』に磨きをかけた戸根選手と高木選手。

この集中力は野球に生きるとのこと。

これまで打者と対戦時、「決めに行くときにちょっとでもコントロールがずれると、打たれていた」と精神面の甘さを課題としていたが、野生動物との勝負の中で集中力に磨きをかけた。

戸根選手は精神面の甘さを克服へ。

だが、逃亡するターキーの後ろ姿を見て、逆に心を撃ち抜かれた。これは野球に生きる、と。「ずっと、じっとしていないといけない。少しでも動いたら逃げられてしまうので、集中していないと。本当にいい経験になりました」。

高木選手は集中すべき場面で集中しきれず打たれた場面を克服へ。

“狩猟トレ”で心身ともに成長を遂げた戸根投手と高木投手、そしてマシソン投手の2016年の活躍に期待です。

ルーキーイヤーながら一軍で大活躍した戸根投手と高木投手。

2016年は2年目のジンクスに挑むますが、そんなのを吹き飛ばして活躍してほしい!

2年目の来季も貴重な中継ぎとして期待されており「ここ一番では(狩猟での集中力を)生かせると思う」。心身ともに成長を遂げ、セ界の強打者狩りに挑む。

来季迎える2年目に立ちはだかるのは“ジンクス”。「ジンクスがない人もいる。それを上回るためにオフにパワーアップしていきたい」。

米国で戸根投手と高木投手とともに自主トレをしたマシソン選手。2人の頼れる兄貴分です。

昨年はオープン戦から不振に苦しみ開幕2軍。自己ワーストの8敗を喫したマシソン選手。

例年は他の外国人、首脳陣と1月31日に宮崎入りしていたが、今年は日程を前倒し。1軍選手が先乗りして行う合同トレの参加を熱望しています。主力の外国人では極めて異例です。

マシソン選手の今年にかける思いが伝わってきますね。

マシソンは球団を通して「巨人でプレーできることを心から幸せに感じます。高橋由伸新監督を胴上げできるように、優勝を目指して全力を尽くしたいと思います」とコメント。新指揮官を1年目から男にすべく、来シーズンも勝利への架け橋を担う。

米フロリダで高木勇と自主トレ中のマシソンはこの日、自身のツイッターを更新。ブルペンで早くも捕手を座らせて、力強い球を投げ込む動画をアップした。「由伸監督を胴上げできるように全力を尽くしたい」との言葉通り、仕上がりの良さをアピール。

1





shimikeさん

いろんなことをまとめていきます。



  • 話題の動画をまとめよう