1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

奄美大島で115年ぶりに雪を観測…この冬一番の強い寒気はやっぱり凄かった

鹿児島県奄美大島で、24日午後1時すぎにみぞれが降り、名瀬測候所は初雪を観測したと発表しました。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年01月25日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
51 お気に入り 111780 view
お気に入り追加

○西日本や北陸を中心に大雪

日本列島は24日、この冬一番の強い寒気の影響で、西日本や北陸を中心に大雪となり、九州の平地でも積雪を観測した。

雪は24日夜にかけて局地的にさらに強まる見込みで、気象庁は暴風雪や大雪、それに高波に警戒するよう呼びかけています。

冬型の気圧配置は25日にかけて続く見込みで、気象庁は暴風雪や高波などへの警戒を呼び掛けている。

○九州の平地でも大雪 暴風雪

24日正午の積雪は、広島県北広島町で136センチ、石川県輪島市で56センチに上ったほか、長崎市で13センチ、鹿児島市で7センチ、佐賀市で6センチとなった。

九州でも、長崎市で13センチ、鹿児島市で7センチなど各地で雪が積もっています。

25日の朝6時までに予想される降雪量は、多いところで、北陸地方で100センチ、中国地方で70センチ、東海と近畿で60センチで、気象庁は注意を呼びかけています。

○奄美大島 115年ぶりに雪を観測

鹿児島県奄美大島で、24日午後1時すぎにみぞれが降り、名瀬測候所は初雪を観測したと発表しました。

鹿児島県の奄美大島では115年ぶりとなる初雪が観測されました。

奄美市で雪が観測されたのは、明治34年以来115年ぶりです。

○湿度が低いため雪が混じったか

西日本には平年を10℃以上も下回る記録的に強い寒気が流れ込んでいて、名瀬では気温が6℃台まで下がっている。

日本列島の上空に非常に強い寒気が流れ込んでいて、名瀬の上空1500メートル付近の午前9時の気温は氷点下4度5分でした。

雪が降るには気温が高めだが、湿度が60%程度と低いため雪が混じったとみられる。

○このニュースについてネットでも話題になっている

奄美大島で雪だってね。何事も起こりえないなんてことはないんだなぁ。

( ´∇`)ノ<奄美大島で115年振りの雪を観測したらしいが、そんな昔から気象観測をキッチリしてるのは凄いよな。

屋久島で雪が降ってると思ったら、奄美大島名瀬では115年ぶりに雪が降ったそうな pic.twitter.com/rRR0k4VeVY

○いままでは、奄美大島で雪を見た人はいなかった

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう