1. まとめトップ

笑点が2016年1/31で2500回に到達‼

長寿番組笑点が今年、50周年を迎える中、2500回にも到達しました!!

更新日: 2016年08月12日

2 お気に入り 2319 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

のび君さん

笑点は今年で50周年イヤー

笑点は、1966年の放送開始から、今年で50年を迎える超長寿番組です。

笑点メンバー曰く、この笑点は「演芸ドキュメンタリー番組」だとか(笑)

このように、笑点を毎週楽しみにしている人はとても多いです。

座布団10枚で豪華賞品

現在の豪華賞品のキーワードは、「超ものすごい賞品」

一体どんな賞品なのでしょうか??

↑まさかの、「ほうき」でした
 (歌丸曰く、50周年の特番時にスタジオを掃いてくれとのこと)

最近の笑点はまさに荒れ放題‼

@obryso 今日は笑点で、木久扇さんが踊ってはりましたよ \(^o^)/

木久扇さんが踊ったり、小遊三さんが下ネタ言ったり…

ただ、司会の歌丸さんの体調がすぐれない

落語家の桂歌丸さん(78)が背部褥瘡(じょくそう)で1日から神奈川県内の病院に入院することになったと、会長を務める落語芸術協会が明らかにした。入院は予定されていたもので、1週間から10日ほど。高座や、司会をする日本テレビ系「笑点」は欠席しないという。

↑2015年6月の記事

長寿番組『笑点』の司会を務める落語家の桂歌丸さん(77)が入院していたことが判明した。

入院は、肺疾患と肋骨骨折によるもので、具体的な退院時期は未定。直近の4月5日の『笑点』の収録は欠席予定とのことである。このニュースに多くのネットユーザーから心配する声が寄せられている。

↑2015年4月の記事

司会を務める落語家の桂歌丸(77)が慢性閉塞性肺疾患と肋骨骨折のため収録を欠席した日本テレビ「笑点」が11日放送され、林家木久扇(76)が代わりに司会を務めた。

 歌丸は3月29日から横浜市内の病院に入院。この日オンエア分の4月5日の収録を休んだ。その際「私の代わりに誰が司会を務めるかはお楽しみにしていてください」としていた。

  歌丸は4月28日に退院。5月1日に東京・新宿末広亭で行われた寄席で仕事復帰したが、帯状疱疹を発症したため同7日に再入院した。

↑2014年5月の記事

そのほかにも、かなり体調を崩されています

歌丸さんだいぶ歳取ったなー ちょっと見ないうちにしわくちゃじゃないか 体調心配( ´•௰• ` )

@ure_0gu 歌丸さん復活!!嬉しい限りです。 愁さんも体調大丈夫ですか?寒くなるみたいですし

笑点を観てるなう…大喜利の司会って、下座からメンバーの後ろを通っておりやしたが、歌丸師匠は、上座から出演てそのまま座るんでがんすな!年齢のせいか体調のせいか分かりやせんが、何時までも続けて欲しいなぁ

笑点にはゲストの出演が多々

一方、笑点には最近、俳優等のゲストが出演しています

1 2