1. まとめトップ

結婚で保険の見直しを考える人が多いワケとは?

様々なステージで保険の見直しはされています。「結婚」というタイミングで生命保険の見直しをする人は中々多いようです。

更新日: 2016年02月10日

0 お気に入り 293 view
お気に入り追加

結婚は保険を見直すタイミング!

結婚はマネープランを見直すタイミングとして最適です。

結婚当初にした保険見直しのときに 自動者保険も 見直しておけば よかったー。゚(゚∩´﹏`∩゚)゚。

結婚するとは「彼女の人生の責任を一生背負う」という覚悟を決めること。

逆に言えば覚悟ができたから結婚に踏み切る男性が多い様です。

結婚後のタイミングで保険について考える新婚カップルが多いようです。みんなのウェディングとアクサダイレクト生命保険が2014年9月に公表した共同調査によると、45.6%の新婚カップルが入籍後に保険の「見直しを実施した」ことが分かりました。

約半数の人が保険の見直しをしているようです。

"保険の見直し"は結構多い!

いま不安なこと。 自分の保険の見直し、解約・新加入 旦那の保険。 将来のお金。 息子の幼稚園・保育園問題。 妊活。

@rik0xring0 そうなのよ。ローン組んでる銀行主催でさ、ローンとか確定申告、家計の見直しと、生命保険のお話聞いてきたの。ためになるわー。 人生設計の可視化するだけでもちがう!

みんなのウェディング×アクサダイレクト生命が実施した「結婚と保険」に関するアンケート調査によると、調査対象の45.6%が入籍後に保険を見直しています。

また、パートナーに生命保険に加入してほしいタイミングは、「入籍後、かつ結婚式が終わってから」という人がトップで41.3%、「入籍後、かつ結婚式の前」という人が15.5%です。半数を超える人が、法的に結婚したタイミングですぐに保険に入りたいということがわかります。

結婚で保険を考える人が多いようです。

結婚と独り身はリスクが違う!

独身と家族持ちは自身の抱えるリスクが違います。

独身男性の死亡保障は、自分に万が一のことがあった場合、親にお葬式代で迷惑をかけないための金額(300万円前後)ならあってもかまいません。ですが、数千万円という金額は扶養家族のいない段階では入りすぎ。

保険の世界にもTPOがあります。

独身のときに入っておく保険は、医療保険・就業不能保険でしょう。扶養家族がいない場合は、死亡保障は必要ありません。自身が病気したときのための保障だけで十分です。

守るべきものがないということは、リスクを減らせるということ。
独身が気楽と言われる所以はこれかもしれませんね。

守るべき相手がそこにはいます。

独身時代に万一のことがあった場合、両親は悲しみますが、生活に困ることはなく、また若いうちは入院することも少ないため、保険の必要性は感じないかもしれません。でも、結婚したら、お互いの生活に責任を持たなければならないことに。夫・妻どちらかに万一のことがあったときや入院したとき、パートナーのお金の負担を軽くしておくのも愛情のひとつ。その愛の証しが保険なのです。

夫婦の時の「もしも」は迷惑がかかります。

万一のことがあった際に備え、残されたパートナーへ葬儀費用等や当面の生活費を残す準備が必要です。

残されたパートナーへの生活費は大事ですね。

遺す人が居るからこそ、大人になれる。

あたなにもしもがあった時、

悲しむのは遺された人です。

夫婦になるということは「相手の人生を支え合う」ということです。
だからこそ、結婚というタイミングでリスクの予防線を張る人が増えているようです。
あなたも一度、人生の保障についてパートナーと話し合ってみてはいかがでしょうか。

1





haraheriman0508さん

腹減りマンEXと申します。

EXは腹減りの部分にかかっていますので、
相当お腹が空いているということです。


まとめ参加者(0)