独身男性の死亡保障は、自分に万が一のことがあった場合、親にお葬式代で迷惑をかけないための金額(300万円前後)ならあってもかまいません。ですが、数千万円という金額は扶養家族のいない段階では入りすぎ。

出典独身男性の生命保険の見直しはどう考える?  [生命保険の見直し] All About

保険の世界にもTPOがあります。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

結婚で保険の見直しを考える人が多いワケとは?

様々なステージで保険の見直しはされています。「結婚」というタイミングで生命保険の見直しをする人は中々多いようです。

このまとめを見る