1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

優しくて切なくて残酷。人の心の繊細さを感じ取るマンガ

喜び・悲しみ・寂しさ…欠かせない心を忘れていた人や、持っていなかったロボットなんかが、大切なものに気づいていくマンガです。「鬼さん、どちら」「魔法自家発電」「ロボットのモモちゃん」「人生は二日だけ」「オゲハ」

更新日: 2016年02月13日

2529 お気に入り 344100 view
お気に入り追加

鬼さん、どちら/有永イネ

数人に一人、生まれつきツノが生える。その人は感性が優れている・体が弱いなどと言われているけれど……。
マイノリティ=守らなくてはという社会や、高校生ぐらいの遠慮ない差別意識。ツノを取れば人間になれるんでしょ?という言葉が印象的でした。
押しつけの親切が苦しく、寄り添う人が温かい物語をどうぞ。

「鬼」という存在が浮き彫りにする人間の弱さと強さの物語、5篇を収録。

asahi.com/sp/articles/DA… 本日の朝日新聞の書評欄に『鬼さん、どちら』を紹介していただけているようです! 本屋さんなどでお探しくだされば嬉しいです♪ 同時発売の『ロボッとうさん 1』もヨロシクッ!(便乗) pic.twitter.com/MtydneOhrn

鬼さんどちら、ほんとによかったです。 あと補足ですが女の子も可愛いし百合っぽい。 世の中を風刺してて、ほんとによかった。 pic.twitter.com/wKv6GAvYf9

【試し読み】三千人に一人「鬼」のいる日常――。あやうく繊細な人の心を強くやさしく描く有永イネの連作短編集『鬼さん、どちら』が11月12日頃発売!! comic-soon.shogakukan.co.jp/blog/news/hiba… pic.twitter.com/r4zA5SDh8G

「鬼さん、どちら」読了。これは面白い! 鬼が一般社会にいる世界。鬼を社会的弱者と見なして保護したり差別したりする人間達や鬼達自身の葛藤を描いた作品。 人様の善意という名の暴力をねっとりと描いた後で迎えるラスト。一組の鬼と人間が放つ台詞は実に痛快で、かつ胸に刺さる。素晴らしい。

魔法自家発電/谷和野

自分を醜い獣と思い込む少年、親とうまくいかない子供、感情を得るロボットなど、成長していく主人公たちを描く短編集です。
いつも誰かに背中を押されて、最後は自分で歩き出すこどもたち。特に獣とロボットの話は、ぐっと変化がわかって面白いです。

好きな人、家族、友達、そんな人たちへの思いがつまった本作は、きっと読んだ方の心にそっと寄り添う一冊

『魔法自家発電』 萩尾望都の「手編みのような手触りの−」って表現がぴったり!あったかくてファンタジックで。表題作が一番好き。おてんきはんばいと2人時間も好き。絵本のような、西洋文学のような…そんな世界に浸れる作品でした。 pic.twitter.com/hnxdyXUiQq

「魔法自家発電」谷和野 優しい、切ないお話です。じんわりと心に染み入ります。 読み終えた後、こんな作品に久しぶりに出会ったなぁー。と。 なんだか懐かしい感じがします。 pic.twitter.com/nbjXW4yV2q

私のマーガレット展に行ったので久しぶりに少女漫画購入。谷和野 魔法自家発電、ジャケ買いであったが可愛い漫画であった。恋愛一直線より、ちょっと昭和っぽくてふわふわキラキラしている方が少女漫画は良い。著者の他の本も買ってみよう。 あと町田くんの世界一巻。町田くんマジたらしだな。

「このマンガがすごい!2016」上位作をもりもり読んでみたが『魔法自家発電』が一番刺さったな。短編集でどれもいいんだけど、表題作の優しさがたまらない。

ロボットのモモちゃん/よしだもろへ

未来から現代に漂着した博士とロボットの日常コメディ。
友達ができて、徐々に人間関係を学びながら感情を得ていくモモちゃんが最高に可愛い。といっても最初からけっこうワガママでマイペースです。
ロボットらしさと子供らしさ、二つで生き生きとしたマンガ。一冊で終わるのがもったいないです!

高すぎる戦闘性能と純粋無垢な好奇心から様々なトラブルを起こしながらも、モモは人間の気持ちを少しずつ学び、成長していく─

よしだもろへ先生のロボットのモモちゃん オススメです(単行本はまだなし pic.twitter.com/oIwPTzEhSM

単行本でました。

ロボットのモモちゃん読みました。モモちゃんが想像よりもぶっ飛んだキャラだったw 出雲ちゃんは黒髪ぱっつん八重歯と私のツボを押さえていてたまらんな! pic.twitter.com/XX3KjwCFq0

ロボットモモちゃん読み終わりました。 ロボットと人間の対比の仕方が良いですね だんだん人間くさくなっていくモモちゃんがかわいいですよ  #よしだもろへ

オゲハ/oimo

謎の半人半虫を拾った少年。「うわっキモッ」といい、ときに暴力を振るいながら、好きなように扱います。でも懐かれる間に徐々に愛情が目覚めて……。
本当の愛情に気づくときは、同時に今までの過ちに気づくとき。少年の反省と成長に、オゲハはどう答えるのか。

"ごく普通”の中学生・智と謎の生物オゲハが織り成す、異種遭遇生物ラヴテイル

オゲハ2巻の表紙と原画と背景 1月15日発売です!よろしくお願いします pic.twitter.com/xqAmaRtjbW

オゲハ買ってきた(^_^)☆キジの優しいのか冷たいのか、何考えてるか分からない所とオゲハの可愛くて一生懸命生きようとしてる感じが良い! pic.twitter.com/IpreSJnv1u

「オゲハ」の、虫のように扱う少年の描写すごいな。一方でオゲハは必死で素直に生きてるのもまた。 pic.twitter.com/XCg9rQ0yZ8

オゲハちゃんかわいそかわいいなあ…虫無理だけどこの子はほんとかわいい…泣き顔も怯えた顔も…単行本欲しい comic-it.jp/ic/ pic.twitter.com/j2uhFMCZGL

1 2





酔いどれキツネさん

エンタメ全般を扱う仕事をしています。特に漫画は常に面白いものや最新作をチェックしています。
しばらくお休みします。

このまとめに参加する