1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

読書が苦手な人の特徴!「読書が苦手…」を克服するヒントがあります

読書が苦手だと感じる人は、そこそこいると思います。本が読めないという人には、ある程度共通の特徴があります。たとえば、集中力が続かない、内容の読み飛ばしができない、などです。内容を少しでも飛ばせば、本を読んだことにならないと考える人もいます。読書が苦手な人の特徴の中に、苦手を克服するヒントがあります。

更新日: 2016年01月25日

junior_さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
79 お気に入り 16627 view
お気に入り追加

▼ 集中力が続かない

・集中力を保てないと、時間があっても本は読めない

せっかく、読書ができるいい機会なはずなのですが、時間はたっぷりあるのに、集中して本を読むことができなくて、悩んでいます

▼ 目次などを読まない

目次を読んでる間に、これから読むぞという気にさせる

どういうポイントに的を絞って読めばいいかが分かります

前書きを読み、目次を読むことで問題意識が明確になって、その本を読むTPOが明確になれば、間違いなく本の読み方が変わります

・読書が苦手な人は、このような読み方ができません

目次を眺めて「気になるな。面白そうだな」という項目を見つけます。そのページへ飛んで、読んでいくと読書の効果が高くなります

▼ 読書の価値を軽視している

言われても読む気にならないし、「将来のため」と言われてもどう役に立つかわからないし必要ないだろう、と思っているそうです

▼ 読み飛ばしができない

・本を読むためには、読み飛ばす力も必要です

本を読むことを習慣にするとは、読む能力を高めるのではなく、「読み飛ばす能力」を高めることなのではないかと考えています

1 2





junior_さん

「読んでよかった!」と思ってもらえるようなまとめを作成したいと思います。

Twitter⇒http://ow.ly/QjbNY



  • 話題の動画をまとめよう