1. まとめトップ

100均にもある「ワイヤーネット」で、お家の収納をDIY!デッドスペースを有効活用♪

DIY初心者でも楽々にお家の収納を作ることができる「ワイヤーネット」。サイズも色も形もさまざまだから、作りたいモノが完璧に出来ちゃうんです。今回は、そんなワイヤーネットの便利な使い方やDIYをご紹介いたします。

更新日: 2018年01月07日

17 お気に入り 43633 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

DIYで大活躍の「ワイヤーネット」

とっても便利で、DIYブームには欠かすことのできない「ワイヤーネット」。これはただのネットじゃないんです。本当にたくさんのアイデアで家の収納を始め、大活躍するんです。こんな便利なアイテムがあったなんて、と驚きの連続です。

ホームセンターでも、100均でもけっこうどこでも今は手に入るようになりました。ワイヤーネット初心者や、DIY初心者は、ぜひ100均から始めてみてはいかがでしょうか。

必用道具をそろえよう!

もちろんワイヤーネットはそろえます。ワイヤーネットと一言で言ってもその種類はさまざま。ぜひホームセンターや100均でゆっくりじっくり見てみましょう。

ワイヤーネットに取り付けることができる、こういったカゴや棚。ワイヤーネット専用です。用途に応じては、こういったものをそろえるのもGOOD。

出典labaq.com

ワイヤーネットなどをつなげるときに、丈夫で簡単なのが、この「結束バンド」です。色もサイズも豊富に選べます。DIYといっても、女性でも力ナシでこんな結束バンドでいろいろなモノを組み立てたりつなげたりがで来てしまいます。

ワイヤーネット同士をつなげるのに、結束バンド以外には、こういった「ジョイント」という部品があります。これも用途に合わせてさまざまな種類から選べます。

いろいろなタイプがあるので、しっかり見て買いましょう。

こういうタイプもあります。

出典letas.co

壁と壁の間にぴったりのサイズで伸び縮みさせながら、取り付けられる「突っ張り棒」。これもワイヤーネットでのDIYには重宝します。

こんな風に、デッドスペースに突っ張り棒とワイヤーネットで棚も作ることができちゃいます。その他もいっぱい使い方が!

ワイヤーネットに何かを提げるときなどに、大変便利なのが、この「S字フック」です。ワイヤーネットと同色でそろえてもいいですし、大小もさまざま。素材もいろいろなので、選び放題です。

いざ「ワイヤーネット」でDIY

ヘッドフォンは平らなところに置いても安定して立っていてくれません。掛けることをおススメします。ワイヤーネットがあれば、ご覧のとおり。好きな箇所に思い通りのフックでピッタリの収納。

棚の上にバナナハンガーを置いて、そこにワイヤーネットを2枚。好きな形のヘッドフォン掛けをDIY。

100均商品で全部そろっちゃうから嬉しい。

タコ足配線や電化製品のたくさんのコードをワイヤーネットで1つにまとめちゃいましょう。

コードは結束バンドで結べば簡単でs。机の裏や横などにまとめることで、お掃除も楽々、見た目もスッキリです。

ワイヤーネットに、収納箱を取り付けると、配線がみえなくなります!キレイにまとまっていますね。

結束バンド以外にも、ツイストタイでもきれいにまとまります。

LAN・USB・音声等のケーブルはこれまた100円のツイストタイで固定。
ワイヤーネットごとまとめてしまっているので、ずれることはないです。

ワイヤーネットにかけたり、結びつけたり、工夫すると、上部にキレイになります。

シンプルなデクスの場合、収納場所が少なければ、ワイヤーネットを正面の立てかけて、クリップで写真、メモ、ポスターなどなどなんでも取り付けちゃいましょう。

小さなクリプやオシャレなアンティークのクリップを利用してみましょう。

お部屋のソファ、机、ベッド脇の細い空間に、こんなボードを作ってみては??もちろんこれもワイヤーネットです。

小型TVや写真、メモなどなどなんでもつけられちゃう!壁を有効活用しましょう。

壁って、空間を有効活用するにはもってこいの場所。人間が足を踏み入れる場所でないので、思う存分使ってみましょう。

丈夫に作れば、衣類も掛けられちゃう!

ワイヤーネットのデザインやカラー次第で、オシャレ空間も作りだせます。

デスク用のライトはワイヤーネットに付ければ、小さなデスクでもジャマにならず、とってもオシャレです。

平面のワイヤーネットを結束バンドなどで組み合わせれば、こんなDIY棚もできちゃいます。ちょっとした小物や雑貨、インテリアをのせてみましょう。

ワイヤーネット1枚だけで、ネックレス、ピアス、ブレスレット、サングラス、腕時計などアクセサリー類が一気に掛けられます。S字フックを使用して掛けると楽ですよ!

出典cataso.jp

ピアスはフックが付いているので、そのまま掛けられます。ネックレスやブレスレットはS字フックが最適です。

1 2 3