1. まとめトップ

『おそ松さん』よりイケメン?『音松くん』!SMAP、そしてスマスマの原点

木村拓哉、中居正広、稲垣吾郎、草剛、香取慎吾、森且行の初代SMAP。『夢がMORIMORI』で6人で演じたのが、コント「音松くん」。SMAPは“スマイル戦士 音レンジャー”に扮した。

更新日: 2016年01月26日

3 お気に入り 29059 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

syatohanさん

◎大人気アニメ『おそ松さん』!

◎1962年に発表された故・赤塚不二夫さんのギャグ漫画

赤塚不二夫氏の代表作『おそ松くん』を原作としたアニメ作品で、子供だった“おそ松くん”ら六つ子たちが大人になったオリジナルストーリーが描かれている。

◎なんとSMAPが24年前に『おそ松くん』のパロディーを!

◎アイドル氷河期時代のSMAP…

音楽番組は視聴率がふるわず、アイドルも氷河期に突入。歌手はどんどん行く手を阻まれ、ジャニーズアイドルの象徴である「歌って踊れるアイドル」だけでは、生き残れない実情だった。

おそ松くん凄い事になってんのねー。昔スマップが音松くんってのやってたの思い出すわー

◎『夢がMORIMORI』のレギュラーを獲得のSMAP!

当時、アイドルが本格進出していなかったバラエティ番組に目をつけ、粘り腰で交渉した結果、ついに『夢がMORIMORI』のレギュラーを獲得。

タイトルの「MORIMORI」は、司会の森口博子と森脇健児&当時SMAPのメンバーだった森且行の頭文字に由来する模様。

◎パロディコント『音松くん』が大当たり!

「歌って踊る」通常のアイドル像では生き残ることが難しい状況の中、SMAPは『おそ松くん』のパロディコント『音松くん』などでハジけた姿を見せた。

そのとき、中居=青、木村=赤、稲垣=桃、草なぎ=黄、香取=緑と、今ではアイドルで当たり前になった「各メンバーを覚えやすくするためにイメージカラーを決める」という方法が採用されていたのも印象深い。

中居正広 - 青松 (青い空と海が好きな青春熱血体育会系で単細胞)
木村拓哉 - 赤松 (クールかつ情熱的に真赤な薔薇を手にして女性を魅了する)
稲垣吾郎 - 桃松 (早熟で、エッチな妄想大好き少年)
森且行 - 白松 (「清く正しく」がモットーの白ぶちメガネの優等生)(当時のメンバー)
草彅剛 - 黄松 (きいまつ。カレーが大好きで、「~でインド」が口癖)
香取慎吾 - 緑松 (みどまつ。自然が大好きで「エコロジー」が口癖、常に盆栽を手にしている)

◎このイメージカラーは『BISTRO SMAP』の前身となる

そして、このイメージカラーは、のちの『BISTRO SMAP』につながっていく(中居がオーナーのため、稲垣のみ青に変更)。

◎これをきっかけにSMAPがブレイクする!

SMAPがジャニーズやアイドルファンだけではなく一般的にも知られるきっかけとなったシチュエーション・コメディである。

◎当時、今さら感だった『おそ松くん』のパロディ…

この時点でなぜ今さら『おそ松くん』のパロディ? との声もあったが、2016年の今、続編に当たる『おそ松さん』がブレイクするんだから、世の中分からないものである。

◎そして“夢MORI”終了後『SMAP×SMAP』がスタートする!

95年、“夢MORI”はその使命を全うして、終了。同年、同局で『SMAP×SMAP』をスタートさせて、ゴールデンで初冠、全国放送という大願成就を達成した。

1 2