神社本庁では平成八年に設置された神社基本問題研究会で、神職の世襲について、世襲による神職の後継者教育を有用としつつも、神職任用の門戸を広げる必要性を指摘した。

出典論説 / 神社界唯一の新聞社 神社新報社

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世襲とは限らない!一般から「神職」になる方法

世襲と思われている神社の神職だが、近年は人材不足や世襲への反省もあり、少しずつだが一般への門戸も広がっている。神職取得過程のある國學院大學などでは、年間100件ほどの求人があるという。一方、収入や勤務条件はなかなか厳しく、兼業も多いとか。神職(神主、宮司)になるための参考まとめ。

このまとめを見る