世襲ばかりがまかり通った結果、神社神道は世の中の動きに遅れを取ってしまったという反省から、現在では神社本庁に属する神社であっても一般から神職を募集するケースが増えています。

出典神職・神主の現状と将来性 | 神職・神主の仕事、なるには、給料、資格 | 職業情報サイトCareer Garden

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世襲とは限らない!一般から「神職」になる方法

世襲と思われている神社の神職だが、近年は人材不足や世襲への反省もあり、少しずつだが一般への門戸も広がっている。神職取得過程のある國學院大學などでは、年間100件ほどの求人があるという。一方、収入や勤務条件はなかなか厳しく、兼業も多いとか。神職(神主、宮司)になるための参考まとめ。

このまとめを見る