神経系の初期発生過程における遺伝子・細胞レベルの研究者として知られ、世界で初めてES細胞による網膜の分化誘導や立体的な網膜の生成に成功[5][6]。更にES細胞から視床下部前駆細胞の分化誘導、脳下垂体の立体的な形成にも成功し[7]、井上学術賞、山崎貞一賞、武田医学賞、上原賞[1]等を受賞している[8]。
論文執筆の天才とも呼ばれ、センター全体の資金調達や神戸医療産業都市関連の事業でも活躍[9]。文部科学省や科学技術振興機構の再生医療プロジェクトや委員会でも手腕を見せた[10][11]。2014年に発表・撤回されたSTAP論文[12]により様々な責任が追及される中[13][14][15][9]、2014年8月5日に縊死(首吊りによる自殺)。その死は国内外に衝撃を与えた

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

小保方晴子 STAP研究騒動の流れ

小保方氏の研究是非を問うものではなく、この騒動の動きと流れをできるだけまとめました。

このまとめを見る