1. まとめトップ

ひまだから美味しいイチゴについて教える【まとめ】

学べる話・食べ物・果物・フルーツ・いちご・ストロベリー・あかねっ娘・女峰・あまおう・章姫・とよのか・とちひめ・2ちゃんねるまとめ・3分でわかる・2ch・ネットで話題・体験談・おーぷん2ちゃんねる・いちご狩り・社会問題・雑学・ためになる

更新日: 2017年09月23日

ramenmenさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 4897 view
お気に入り追加

元スレ

へたまで赤いと甘いとかそういうのでなく
品種についてな

その1


あまおうだろjk


最近のイチゴ業界はかなり群雄割拠
やっぱりテレビの影響力が強くてあまおうの人気が頭ひとつ抜けてるけど
あまおうは品質の関係上、食べてがっかりする人も多いと思う
そういう人の誤解を解いておきたい

その2


先っぽだけ食べて捨てるの?


理論的には先っぽだけ食べるのが甘いはずだけど
イチゴの糖度はそんなに強くないから砂糖になれてる現代人はあまり美味しく感じないぞ
イチゴはあくまで全体を食べて香りなんかも含めて楽しむもの

その3

まずは「女峰」

「女蜂」だと思ってる人がいるけど、もともとは山の名前が由来なので注意
バランス面最強の一品。安い、うまい、甘い、香りがいいと完璧。
ただどこにでも出回ってるイチゴではあるので、珍しさは皆無。
普通のケーキ屋にいけばショートケーキに乗せてるものだと思っていい。
甘みと酸味のバランスが抜群。甘すぎないケーキを作るには、いまのところこのイチゴしかないと思う。
そのまま食べても十分だが、ありふれてるので満足感は薄いかも
見た目は平凡で贈り物には向かない

現代では非常に育てやすい条件がすでに解明されてるのでご家庭で育てるにも向く。

その4


小さくて美味しいイチゴとかない?
お菓子に使いたいけどなんか酸っぱいイメージしかないから比較的甘いやつとか


女峰か章姫がベストだと思うよ
レッドパールってのが手に入るなら個人的に好きなんで試してほしいけど、甘すぎてアンバランスになるかも

その5

「あまおう」

最近ではどこに行ってもあまおうあまおう、スーパーだろうがどこだろうが目に入る
とにかく大きな粒を実らせるので有名で、そのわりに型崩れしにくいらしい
ここ10年マスコミがおしまくってるので名前だけは聞いたことある人も多いだろう

ただ味のほうは、大きい分安定しない。悪いわけではないが安定しない
そのためジャム等の、大量に使った加工用に向く
見た目が大きく派手なので生食用もよく売られているが、はずれを引く可能性も高いので注意
インパクトが大きいので贈り物にはちょうどいい

豆知識だが、作ったのは福岡県は久留米市の業者
福岡といえば「博多~」とつけて売るのが一般的だが、この業者は福岡市を敵視(後述)してるため
主に福岡市一帯である「博多」とつけるのを嫌い、必ず「福岡のあまおう」と売っているらしい

その6

「章姫」と書いてあきひめ

女峰を甘くする配合で生まれたらしい一品
確かに10個食べた平均値としては明らかに甘い
生で食べるにはちょうどいい甘さ
ただ女峰よりちょっと大きくなってしまっており、ケーキ作りに使うときは
ちょっと下品になりがち、+酸味が少なくて味がきつくなりがち

ショートケーキを作るときは、このあきひめのスライスを真ん中につかい
女峰を上に乗せるってのがベストだと俺は思う

その7

「とよのか」

女峰に対抗できる唯一の一品
「粒が大きいほど甘い」という今日の間違ったイチゴ感は、このとよのかから始まった
これが出来るまえのイチゴは砂糖と牛乳をかけて食べるもの(でないとすっぱすぎる)だったが
これを転機として生で食べるという習慣が根付いた、いわば日本の歴史をかえたイチゴ

ただ経歴こそ輝かしいものの、ぶっちゃけ女峰に勝ってる部分は実の大きさくらい
それも相当大粒でないと甘く感じず、またそうした大粒は香りが散ってしまいがちなので
ベストなイチゴがほとんど存在しない

作ったのは上述あまおうで有名な福岡県久留米市
ところがこの製法を福岡市の業者が勝手に九州中に広めてしまったらしい
(いまでは好意で広めたということになっているが)
これがあまおうを「博多」と名乗らせない理由だとかなんとか

その8

「レッドパール」

ケーキ職人たちの憧れ、レッドパール
形がきれいで味がよく、とにかく赤が鮮明。まさに赤い宝石
カリスマパティシエといわれるやからはこれをごみのように大量に使えるが
生産量が極めて少ないため一介のケーキ屋には回ってこない
これを自由に使えるかどうかがケーキ屋としてのランク付けになってると思う

あくまでケーキに使うためのもので、味は強くないため生で食べるものではない
でもこれをめいっぱい口にほおばるとすごい満足感

その9

「とちひめ」

正直食べたことない
育てるのが簡単で、甘く、形はいまいち。大きさもいまいち。しかも腐りやすいので市場には出回らないらしい。
とにかく味に特化した品種。
イチゴ狩りはこれをやってるところに行くのがイチゴ通なんだとか。

1 2 3