1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

39tigerさん

2年ぶりの正式インタビュー

瀬戸内寂聴氏と対談

瀬戸内寂聴氏との対談形式で、「男性からの攻撃はものすごく暴力的で、本当に殺されると思いました」などと心境を吐露。

「STAP細胞は、ありまーす」

1月28日に手記『あの日』を発表

手記は1月28日に発売された『あの日』(講談社)。ネット通販大手アマゾンの書籍の売れ筋ランキング1位

「笹井氏の事はかけなかった」

STAP細胞で世間をにぎわせた小保方さんがついに手記を発表

小保方 晴子(おぼかた はるこ)
1983年9月25日生
出身 千葉県松戸市
出身校
早稲田大学理工学部卒業
早稲田大学大学院
理工学研究科修士課程修了
早稲田大学大学院
先進理工学研究科博士課程修了

私の心は正しくなかったのか。

これまでの生き方全部が間違っていたのか。

そう自問し、ただただ涙がこぼれた。むせび泣くような体力はもう残っていなかった。

小保方氏に聞きたいのは、亡くなった笹井教授に対してどう思っているのかということ。それだけ。

「小保方晴子の告白」がやっぱりハルヒネタ一色だった。

タイトルは「あの日」

講談社から出版され、早ければ28日にも書店に並ぶ。小保方氏がまとまった主張を公表するのは、平成26年4月の会見以来初めて。

全253ページで、幼少期から、理研での研究、疑惑が浮上して論文の撤回に至る詳細をつづっている。

「私は混入犯に仕立て上げられ、社会の大逆風の渦に巻き込まれていった」

論文の調査や撤回過程については、理研への不満などをつづった。特に実験当時の上司で共著者の若山照彦山梨大教授への批判が目立つ。検証実験では「私が実験を行っていた範囲でのSTAP現象は、たしかに確認されていた」とした。

2014年1月 STAP細胞を発表し話題になる

しかしその後、STAP細胞の論文にデータ改ざんが見られ騒動に。
他者論文からのコピペ・実験画像の一部が盗用・データねつ造が発覚

上司である笹井氏の自殺

1 2