1. まとめトップ

アンチエイジングに毎日摂取したい食材、孫子は優しいよ♡レシピあり!

アンチエイジングにバランスの取れた食事を摂取する事はとても重要です!そんな時に覚えておきたい言葉『まごこはやさしいよ』。栄養素が高くアンチエイジングにピッタリな食材の頭文字をとった食材の語呂合わせです!毎日の食卓に『まごこはやさしいよ』が並ぶように心がけましょう!

更新日: 2016年02月15日

4 お気に入り 1947 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kzkaycさん

アンチエイジング効果がある食材「まごこはやさしいよ」

「孫子は優しいよ」とは、毎日欠かさずとりたい食事の頭文字を指します。内容は以下の通り。

まめ類

ごま

こめ

わかめ

やさい

さかな

しいたけ

いも類

ヨーグルト

これらの品は、低カロリーのうえ、栄養価の高い優良食材として有名な9品のエイジングケア食材として、ぜひ積極的に摂取したい食材なので、この言葉を覚えておくと良いでしょう。

どの食品も健康や美容に良いものとして知られているものばかりなので、アンチエイジングを目的としてなくても積極的に摂るべき食品

夕食をとるときに、朝食と昼食を思い出して、「孫子は優しいよ」の食品のうちの、とっていない食品を補いながらとると良い

まごはやさしい」は聞いたことがある人もいると思いますが、米と発酵食品が加わり、アンチエイジングにさらに効果がありそうです。

エイジングケアに効果的な食材と摂取方法

脂の少ないタンパク質

タンパク質は身体や肌を形づくる素材として欠かせない栄養素ですが、肉だけでの摂取ではコレステロールが心配です。大豆製品やアボカドなどを積極的に摂るようにすると、カロリーが抑えられる上、ビタミンEも摂取できます。

低GI食品

糖の分解がゆるやかな低GI食品をとることが、生活習慣病を防ぎ若々しい肉体を保つのに役立ちます。低GI食品とは玄米、全粒粉のパン、きび砂糖や黒砂糖…というように、精製した白いものでなく皮・胚・殻のついた茶色い食品です。これらの食品はミネラルも豊富です。

身体を汚さない脂質

基礎代謝が下がる40代以降は、悪玉コレステロールを増やさないことが重要。そのためには悪玉コレステロールを減らす働きを持つオリーブオイルや、血液をサラサラにしてくれるα-リノレン酸を含むえごま油や亜麻仁油を取り入れると良いでしょう

デトックス効果のある食物繊維

食物繊維は腸壁の掃除をしてくれ、便秘を解消します。また小腸では免疫力を活性化させたり、余分に食べ過ぎた脂肪を吸収しないようにしてくれます。

デトックス効果のある食物繊維

食物繊維は腸壁の掃除をしてくれ、便秘を解消します。また小腸では免疫力を活性化させたり、余分に食べ過ぎた脂肪を吸収しないようにしてくれます。

美しい肌の再生に必要なビタミンA

皮膚の代謝を高めて美肌力を高めるビタミンA。多く含む食品には、あん肝など動物の肝臓やうなぎ、卵などがあります。体内でビタミンAに変わるβ-カロテンはニンジン、パセリ、ほうれん草などに多く含まれます。

新陳代謝を高めるビタミンB群

細胞の新陳代謝を高めて肌の健康を保ちます。ビタミンB群を含む食品には玄米(ビタミンB1)、ウナギ(ビタミンB2)、卵(ビタミンB2、パントテン酸、葉酸)、納豆(ビタミンB2)、バナナ(ビタミンB6)、などがあります。

身体を錆びさせない脂溶性ビタミンE

活性酸素を除去する強い抗酸化力があり、血行を促進するビタミンE。ナッツ類、すじこ、かぼちゃ、玄米などに多く含まれます。

野菜の持つ抗酸化力、フィトケミカル

フィトケミカルとは、野菜が自らを外敵などから守るために蓄えた成分のことを言います。人間が摂取することで、強い抗酸化力を得ることができます。代表的なフィトケミカルにはトマトのリコピン(ビタミンEの100倍の抗酸化力)、黒豆、ベリー類のアントシアニン(美肌効果)などがあります。

海からの恵み、ミネラル

わかめ、昆布などの海藻類にはマグネシウム、カルシウム、亜鉛、鉄、カルシウム、ヨウ素などのミネラルが豊富に含まれており、肌のうるおいを保って免疫力を高めます。

「まごこはやさしいよ」で献立を考えよう!

1 2