1. まとめトップ

最新2016年注目企業33選/経済界 イケメン注目企業社長~NAVERまとめ

時代をリードする経営者の実像アベノミクスの追い風はまだ続いているとはいえ、多くの経営者にとって気が抜けない状況だ。そんな中、市場環境に左右されず、力強い成長を実現できるのは真の実力を備えた企業のみだ。<以下、50音順>

更新日: 2017年02月27日

keizaikaiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 14750 view
お気に入り追加

加藤 侑(アットナビジャパン代表取締役社長)

加藤 侑(アットナビジャパン代表取締役社長)
本社/東京都千代田区岩本町2-13-6
ミツボシ第3ビル5F
事業内容/ベトナム進出支援(ベトナム国内における商品展開、Aランク居ぬき不動産仲介、レンタルオフィス仲介、会社登記)全般
会社ホームページ/
http://www.navi-vietnam.co.jp

最近では、ハノイにて法務コンサルティング事務所を開設し、応募者や企業の更なる安心向上に取り組んでいる

年々労働人口が減少する昨今、各社とも海外人材の獲得が急務となっている。アジア人材に注目が集まる中、ベトナム人に特化する人材紹介のニーズとは。

優秀なベトナム人材を日本企業へつなぐ! 人口減対策の一翼を担う国家事業――加藤 侑(アットナビジャパン代表取締役社長)

僕たちのミッションはアジアの成長性を取り込んで日本を救うこと

安田 周(株式会社アト代表取締役)

安田 周(株式会社アト 代表取締役)
設立/2003年6月
資本金/3199万円
所在地/東京都新宿区西新宿
事業内容/セールスプロモーション事業全般
会社ホームページ/
https://www.ato-co.jp/

創業から12期連続増収を達成し、ポスティング業界でトップクラスの業績を誇るアト。その原動力は徹底したデータ分析に基づいたエリアマーケティングにある。アトでは、国勢調査情報を使った独自のGIS(地理情報システム)ツールを活用。例えば、「70代以上×戸建×池袋駅周辺」のように複数のセグメントを組み合わせ、潜在顧客地域を抽出する。

徹底したデータ活用でターゲット層に即した適切なポスティングを実現。最近ではポスティングとウェブを連動させた販促を支援、ITを活用した事業展開で飛躍する。

小林学(日本維新の会 小林学 衆議院東京都第5選挙区支部長)

小林学(ism株式会社 元代表取締役)
設立/2009年5月
所在地/東京都港区六本木
事業内容/インターネットシステムに関するコンサルティング事業、WEB情報検索システムの最適化、ITマーケティング広告代理店事業

ismの手掛けるseoサービスの強みは、過去6年間にわたり国内主要検索エンジンであるグーグル、ヤフーで「SEO会社」、「SEO対策 東京」で検索すると「ism」が検索結果の1位に表示されることでも実証され、幅広い分野の企業から高く評価されている。

現:日本維新の会 東京都第5選挙区支部長
http://manabu-ishin.jp/

日本維新の会 小林学(こばやし まなぶ)衆議院東京都第5選挙区支部長 東京5区 世田谷区 目黒区。議員報酬・定数3割削減!政党助成金削減など新しい政治へ~大阪だけでなく、東京第5区(世田谷区、目黒区)という東京の中心から日本を変える。

日本維新の会 小林学(こばやし まなぶ)衆議院東京都第5選挙区支部長 東京5区 世田谷区 目黒区。闘う政治家!議員報酬・定数3割削減!政党助成金削減など新しい政治へ

ネット上での検索結果を上位に表示するSEO対策が当たり前になった昨今、ismの持つ独自ノウハウが国内だけでなく海外でも注目されはじめている。

最新イケメン社長!早稲田大学出身経営者/実業家まとめ-ism株式会社 代表小林学

入江雄介(エーアイエル代表取締役社長)

入江雄介(エーアイエル代表取締役社長)
設立/1989年
資本金/5千万円
所在地/東京都千代田区
事業内容/人材ソリューションサービス業
会社ホームページ/http://www.ailltd.co.jp

同社の経営理念は「あったらいいね!で世界を変える」。この理念のもと、顧客と社員の価値と満足の創造を実現する形で人材ソリューションサービスを展開している。
『社員満足なくして顧客満足はなしえない』と考えています。『あったらいいね!』を創造、実現するワクワク感を社員一人ひとりが持つことで、お客さまに対して本当に良いサービスが提供できると信じています」

ITインフラに特化したシステム構築、ITリテラシーの高い事務派遣(EXCEL女子)など、専門領域に特化した人材ソリューションサービスを提供するエーアイエル。同社の「理念共感型経営」がIT業界を変えようとしている。

菅谷俊二(オプティム代表取締役社長)

菅谷俊二(オプティム代表取締役社長)
設立/2000年6月8日
資本金/4億1135万6千円
所在地/東京都港区愛宕
会社ホームページ/http://www.optim.co.jp/

ネットを空気に変える」を旗印に設定やサポート、セキュリティ対策をテクノロジーの力で解決する商品群を提供。2014年10月には東証マザーズ上場、15年10月には東証一部へ市場変更と躍進を続けている。
ネット黎明期にNTTグループへ提供したセットアップツールやリモートサポートの技術。その後も自動でPCを節電するソフトウェア、スマホ・タブレット向けサービスの開発と、時代のニーズを先行し続けている。

IT業界の枠を超え、既存のマーケット概念では捉えきれない「わけのわからない会社」を目指す。刻々と誕生する世界も驚くプロダクトに注目だ。

工藤将太郎(クレア・ライフ・パートナーズ代表取締役社長)

工藤将太郎(クレア・ライフ・パートナーズ代表取締役社長)
設立/2012年7月
資本金/1千万円
所在地/東京都新宿区大久保 
会社ホームページ/http://crea-lp.com/

資産運用のコンサルティングを行うクレア・ライフ・パートナーズ(CLP)がターゲットとしているのは、20代、30代。日本の多くの金融機関が資金サイズの大きい中高年を対象としているのに対して、CLPは本来、資産を形成すべき若い世代こそ、長期の視点を持って資産運用を行う必要があると考える。また「自己体験」を大切にする工藤社長は保険や不動産投資、海外投資など、提案する金融商品のすべてを自ら実践。

「今の20代30代は、将来に対する備えを自助努力だけでやっていかなければならない」。若い世代へ目的ありきの資金運用を勧めている。

1 2 3 4





keizaikaiさん

このまとめに参加する