1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

アメトーークでは語られなかったiPhone7Plusのプレミア感

アメトーークまだまだiPhone使いこなせていない芸人がオンエア。番組視聴後に是非みて欲しいiPhone7Plusのプレミア感についてまとめてみました。iPhoneに関心のあるうちに…。

更新日: 2016年01月28日

183 お気に入り 459083 view
お気に入り追加

■アメトーーク!で“まだまだiPhone使いこなせていない芸人”

iPhoneを使いこなせていない芸人の第二弾が放送。

出川哲朗、FUJIWARA・藤本敏史、ピース・又吉直樹ら、いまだにiPhoneを使いこなせていない芸人たちが、1月28日(木)放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系列、毎週木曜 23:15~)に集合。

「使い方がわからず、こんなことで悩んでいる」ことを発表し、iPhoneを使いこなせているサバンナ・高橋茂雄、芸人界イチiPhoneに詳しいというかじがや卓哉が、その悩みを解決

iPhone使いこなせていない芸人たちは、「自分だけが知っている」というiPhoneの機能や、使いこなせていない人ならではのあるあるを発表。

■次期iPhone、7 Plusのカメラはさらに凄い

アメトーークでは語られなかったこの情報を信憑性が高い情報で有名なKGI証券著名アナリストクオ氏が教えてくれた。

KGI証券著名アナリストのミンチー・クオ氏は27日(現地時間)、米アップルが今年発表する見込みの「iPhone 7」シリーズに関する観測

アップルは今年も引き続き4.7インチと5.5インチの新型2モデルをリリースする予定

iPhone 7シリーズにはデュアルカメラ採用のほか、ヘッドホン端子の排除やそれに伴う薄型化、防水機能の実現(または強化)、7 Plusへの3GB RAM搭載などがこれまでに伝えられています。

去年Appleが買収したイスラエル・LinX社の技術が次期iPhoneシリーズに採用される可能性が高い、としてます。

■まず押さえておきたいイスラエル・LinX社の技術

Appleが2015年4月に買収した小型カメラを開発する会社。

2011年に設立後、タブレットやスマートフォン用の小型カメラを開発し、革新的な画像処理、高度センサ技術を利用することで、低照度性能、HDR、リフォーカスなどといった分野で、デジタル一眼レフ並の性能を実現する、というもの。

iPhone 7 Plusにはデュアルレンズシステムのオプションがあり、LinXの技術を利用している。

■この技術がiPhone7 Plusのみに採用される可能性

1200万画素のカメラが2つつく。

5.5インチモデルのiPhone7 Plusにのみ、デュアルカメラが搭載されるのではないか、との分析

カメラ用画像センサーを曲面にすることを考えている。それなら、大容量のカメラをスリムにできそう

1つは光学手ぶれ補正を搭載し、高画質撮影が可能な広角レンズだ。もう1つは画像を2~3倍に拡大可能な光学ズームを備える。

■デュアルカメラによって7 Plusのみプレミア感が…。

4.7インチの「iPhone 7」は従来通り1つのカメラレンズを搭載し、5.5インチのiPhone 7 Plusはシングルレンズモデルとデュアルレンズモデルが用意されるという。

今まで通りCCMイメージはソニーより供給を予定しており、iPhone 7 Plusで採用予定のCCMは1200万画素に加え、光学手ぶれ補正としています。

2つのカメラでとらえた画像を合成することで、鮮明な画像の撮影が可能

Appleはこれまでカメラ機能のアップグレードを「S」シリーズで投入してきているため、次世代iPhoneとなる「iPhone 7 Plus」ではなく、「iPhone 7s Plus」で適用する可能性もある

もし現実になればiPhone使いこなせていない芸人第三弾のカメラ撮影会は面白いものになるかもw

▼7 Plusだけのプレミア感はまだある

1 2





ユーロの行方さん

このまとめに参加する