1. まとめトップ

マニアとオタクの違い

マニアという言葉とオタクという言葉がありますが、同じものを言っているように感じるのですが、マニアとオタクの呼び方の違いはあるのでしょうか。今回は、マニアとオタクの違いについて調べてみました。

更新日: 2016年01月28日

1 お気に入り 18057 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

lifexlifeさん

マニアという言葉とオタクという言葉がありますが、同じものを言っているように感じるのですが、マニアとオタクの呼び方の違いはあるのでしょうか。今回は、マニアとオタクの違いについて調べてみました。

マニアとは

マニア(mania,maniac)とは、普段から自己の得意とする専門分野に没頭する生活習慣を持つ人物。特定の事柄ばかりに熱狂的な情熱を注ぐ者や、その様子を称して言う。

オタクとは

おたく(オタク、ヲタク)とは、1970年代[1]に日本で誕生した呼称であり大衆文化の愛好者を指す。元来は漫画・アニメ・SF・特撮・パソコン・コンピュータゲーム・クイズ・模型・鉄道・格闘技などの、なかでも嗜好性の強い趣味や玩具、の愛好者の一部が二人称として「お宅」と呼び合っていたことを揶揄する意味から派生した術語で、バブル景気期に一般的に知られはじめた。その頃は「お宅族」、「オタッキー」、「オタッカー」と呼ばれた。明確な定義があるわけではなく、現在はより広い領域のファンを包括しており、その実態は一様ではない。

マニアとオタクの違い

野村総合研究所ではオタクを「主要五部門マニア消費者層」と定義しています。
ゲーム、組立PC、アイドル、コミック、アニメにお金をつぎ込む人たちのことだそうです。

又、どなたかは忘れましたが、以前テレビ番組の中で
「オタクは興味の対象に性的満足を覚える。(だから犯罪には走らない)」
との発言がありました。

また、私の調べによるとマニアは1つの物事に熱中する人。オタクは1つの物事にしか関心が無い人。という意見もありました。確かにそんな気がします。

1