1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

あーイライラが止まらない!?…怒りっぽい自分を変る方法

些細なことにイライラしたりカッとなってしまう事ってありませんか?イライラするデメリットや解消法を紹介します。

更新日: 2017年01月18日

767 お気に入り 130019 view
お気に入り追加

イライラって誰にでもありますよね。人間関係をギスギスしない為に

どうしてイライラするのか?解消法をまとめてみました。

多くの仕事を抱えていたり、締め切りが迫っていたりすると、誰しも仕事をしながらイライラしてしまいがちです。

ゆるく生きようと思っても難しい周囲のピリピリとした空気が伝染して、自分が望んでいない方向へと流されてしまうことも。

上司から言われたささいな一言にイライラしたり、クヨクヨしたり。その感情をいつまでも引きずってしまうという人も少なくない

そもそもなぜ人は怒る?

人は誰でも、“~すべき”という基準を持っています。“そういった“べき”を目の前で裏切られた時、人は怒るのです。

イライラの原因は?

イライラを感じやすい人のタイプに、真面目な性格の人や、礼儀正しい人がいます。

自由になりたいのに、自由になれない。このどうしようもない苦しみが、イライラの原因ではないでしょうか。

すぐにイライラする人のデメリット

イライラする人が周囲の人からどんな風に見られているか

周囲はおのずと、その人から距離を置きはじめます。その結果、周囲からは触れにくい存在となり、ついには孤立無援

血圧が上がる急激な血圧上昇は、心筋梗塞や脳卒中などのリスクを高めることにつながります。

では、イライラをコントロールするアレコレを紹介します。

イライラすることがあったら、まずは1時間、できれば2時間放置することを意識しましょう。

アドレナリンの放出が落ち着いた後に具体的なイライラの原因への対処方法を考えたほうが良いアイディアが浮かぶ

あなたがどんなに努力しても他人を変えることはできません。他人を変えようとするのは無駄な努力なので、やめましょう。

どこからが事実で、どこまでが主観なのか知る事です。この線引きをするだけで、イライラする事を軽減できるはずです。

自分の怒りを分析した上で、最大限に許せる範囲を広げ、“その範囲を保つ努力」”が必要ということになる。

イライラしない生活習慣もあります。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう